更新日:2017/01/01

洗面台のつまりを直す方法を教えて

髪の毛や垢はどこにつまる?

パイプは下水道の悪臭が上がってこないように、直管ではなく必ずS字かU字になっています。ここを排水トラップと言います。そのためパイプへ流れ込んだ髪の毛などのゴミは、排水トラップにどんどん溜まっていきます。落としたヘアピンなどは大抵ここに落ちており、これに髪の毛が絡まってしまい大きなつまりになってしまうこともあります。解消するには、髪の毛などのゴミを溶かしきることが必要になります。

コツは専用薬剤の量!

CMで見かける専用の薬剤を使用します。ここでポイントなのは、500ml以上をパイプに流し入れることです。つまりの初期段階であれば少量でも効果がありますが、長年蓄積した完全なつまりには効果がありません。排水トラップを抜けて下水道へ流し込まないといけないので、たっぷりと流す必要があるのです。1回行って効果がなくてももう1回、くり返し3回は行ってみてください。そそぐ量を増やすのも効果をアップさせます。この方法で大体のつまりは解消されます。

今後つまらせないためには

台所の排水溝の掃除はしても、さすがに洗面台までは毎日掃除できませんよね。そこで半年~年1回、専用薬剤で掃除するようにしておきましょう。定期的に行うことで、ほとんどつまることはなくなります。賃貸の場合は、前に住んでいた人がどのような使い方をしていたか不明なので、引越しをした際にはまず掃除をしておくといいでしょう。

最後に【それでも改善しない場合は?】

新しい洗面台であれば、掃除ができるように排水トラップにあるキャップが外せるようになっています。バケツを置いてキャップを外したら、割り箸で詰まったゴミをこそぎ落とせますが、想像以上に汚く気分が悪くなる可能性もあります。水周りは失敗すると大惨事になるので、潔くプロの業者にお任せしましょう。

ほっとラインでは、料金やサービス内容、口コミで業者を比較してから予約することができますので、ご自分にあった安心な店舗を探してみてください。

洗面所クリーニングを検討するなら

一度プロの洗面所クリーニングをお願いしてみませんか?

すまいのほっとラインでは、口コミ内容やサービス内容、料金から
業者を簡単に探せるうえ、不明な点も直接やり取りすることができます。

  • 24時間オンライン予約できる
  • 予約前の個人情報は必要なし
  • しつこい営業電話の心配なし
  • 不明点は店舗に直接メッセージできる
※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください