更新日:2017/01/01
洗面台の汚れの種類と掃除の方法を教えて

洗面台の汚れの種類と掃除の方法を教えて

洗面台の汚れの種類と掃除の方法を教えて

洗面台の黒ずみの掃除の仕方

まず1つ目の種類は黒ずみの掃除についてです。だんだん洗面台がくすんできて、いつの間にか黒くなってしまう厄介な汚れですよね。クレンザーなどでは簡単には落ちないこの汚れの正体は頑固な水垢です。この洗面台の黒ずみの掃除には“クエン酸”を使うと楽に落とせますよ。

掃除の方法は、少し濃い目のクエン酸水をテイッシュに含ませ排水口のまわりに貼り付け2時間ほど放置します。2時間後テイッシュをはがし硬めのスポンジでこすればどんどん落ちますよ。

洗面台の赤シミの清掃の仕方

次に紹介するのが洗面台汚れで多い種類の赤シミの掃除方法をお教えします。赤シミは、洗面台のふちや排水口のまわりなどが、うすピンク色になる汚れのことです。赤シミは、洗面台などの湿気がある場所で繁殖したバクテリアなんです。(人体に影響はありません)。

初期の赤シミならブラシでこすれば落ちます。長期間放置し、落ちづらくなった赤シミは、中性洗剤をつけたメラミンスポンジで強めにこすると取れやすくなります。清掃してもすぐ元に戻ることがあるので繰り返しの清掃が必要です。

洗面台のヌメリの清掃の仕方

最後に紹介するのが洗面台のヌメリです。これは出来る限り素手では触れたくないですよね。この洗面台のヌメリも湿気と汚れを栄養源にして繁殖した細菌とその分泌物が原因で出てきます。洗面台のヌメリには、毎日のクエン酸水や重曹水のスプレーを降りかけるのが効果的です。ヌメリの原因は汚れと湿気なのでこまめな清掃が大切です。

洗面台の汚れのには、常日頃の清掃が大切です

洗面台の汚れの種類には他にも、金属石鹸(白ぽい汚れ)、もらいさび(濡れたヘアピンなどのさびが付着したもの)などがあります。どれも日常のお手入れ、清掃がかかせません。そんな毎日お手入れは大変で、時間もないという方も多いと思います。そんな時は専門の業者に依頼するのも賢い選択かも知れません。

ほっとラインでは、料金やサービス内容、口コミで業者を比較してから予約することができますので、ご自分にあった安心な店舗を探してみてください。

洗面所クリーニングを検討するなら

一度プロの洗面所クリーニングをお願いしてみませんか?

すまいのほっとラインでは、口コミ内容やサービス内容、料金から
業者を簡単に探せるうえ、不明な点も直接やり取りすることができます。

  • 24時間オンライン予約できる
  • 予約前の個人情報は必要なし
  • しつこい営業電話の心配なし
  • 不明点は店舗に直接メッセージできる
※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください