洗面所の排水口はどうやって掃除したらいいの?

毎日のお掃除はこまめにしていても、後回しにしがちなのが洗面台の排水口のお掃除です。排水口は汚れが溜まりやすく、ヌルヌルした汚れが付着したりいやな匂いがしたりするとうんざりですね。でも、そのまま放置すると詰まってしまうこともあります。お掃除のコツを知ってこまめにお手入れすれば、きれいに保つことができます。今回は洗面所の排水口の掃除についてご紹介しまうす。

更新日:2017/01/01
 
洗面所の排水口はどうやって掃除したらいいの?

排水口の入り口をきれいに保ちましょう!

水が流れていく排水口の入り口には、髪の毛などが流れ込まぬようにゴミ受けが置かれています。 このゴミ受けは髪の毛や固形物が流れ込まぬように網目状になっているものです。 この部分に髪の毛や固形物が溜まったまま放置すると水が流れにくくなり、ヌメリなども発生し易くなります。このゴミ受けは簡単に取り外せますので、こまめに髪の毛などを取り除いておきましょう。

洗面台の排水口のお掃除は重曹とクエン酸で!

重曹とクエン酸(お酢でも大丈夫です)は排水口のお掃除には良く登場するアイテムですね。 とても簡単で効果的な方法を紹介しておきましょう、まず重曹をだいたいですがおおさじ3杯くらいを排水口とその周りにふりかけ、そのうえからクエン酸水(お酢でもOK)をかけます。すると泡立ってくるのでしばらく(最低でも2時間)そのままにしてから良く流しておきます。1週間に1回繰り返していけばヌメリや詰まりを防いでくれます。

最後の手段は排水口のパイプのお掃除

お掃除しても水の流れが悪い、いやな匂いが残る、といった時には、排水口のパイプを分解してきれいにしましょう。 排水口のパイプはS字状に曲がった部分があり、ここに汚れが溜まり、匂いや詰まりの素になります。 パイプのS字の部分は取り外せますので、水漏れを防ぐバケツ、ゴム手袋、マスクなどを準備してから取り外し内部をブラシなどできれいにしましょう(強烈な匂いがしますので屋外で)。これでスッキリです。

排水口はこまめなお掃除が大切です

洗面台に限らず、排水口はこまめにお掃除をしてきれいに保つことが大切です。 日頃から排水口のゴミ受けの清掃、週1回の重曹とクエン酸(お酢)のお掃除を続ければ毎日気持ち良くつかえ、また、排水口のパイプの分解などおおごとになる前に対処できると思います。 もし排水口についてお困りの方は一度専門の業者に相談してみてはいかがでしょうか。 ほっとラインでは、料金やサービス内容、口コミで業者を比較してから予約することができますので、ご自分にあった安心な店舗を探してみてください。

※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください

\ SNSでシェア /

同じカテゴリの関連記事