更新日:2017/01/01
蛇口まわりや洗面ボウル内にピンク色の『スジ状』の汚れがついてしまった。どうしたらいいの?

蛇口まわりや洗面ボウル内にピンク色の『スジ状』の汚れがついてしまった。どうしたらいいの?

蛇口まわりや洗面ボウル内にピンク色の『スジ状』の汚れがついてしまった。どうしたらいいの?

蛇口まわりや洗面ボウルにつくピンク色の汚れの正体は?

蛇口まわりや洗面ボウルに付着する、気になるピンク色の汚れは何なのでしょうか。 その正体は、バクテリアと呼ばれる細菌です。細菌と聞いてショックを受けた方もいるでしょう。 バクテリアは空気中や水中によく存在し、人体にもほぼ無害です。しかし色のインパクトを含め、見ていてあまり気持ちのいいものではありません。 蛇口まわりや洗面ボウルを清潔な印象にするために、バクテリアの汚れを落とす方法を考えてみましょう。

バクテリアによるピンク色の汚れを落とす方法

バクテリアによるピンク色の汚れを落とす方法は、意外と手軽です。まずはスポンジで蛇口まわりや洗面ボウルを水拭きし、大まかな汚れを落とします。 次に中性洗剤を含ませたティッシュを用意し、汚れの部分に貼り付けます。その状態で30分ぐらい置いた後、水拭きと乾拭きで仕上げです。これでピンク色の汚れは、ほぼ落とせると期待できます。 中性洗剤の代わりに漂白剤を使えばより強力ですが、蛇口まわりや洗面ボウルを変色させてしまうリスクがあります。 漂白剤を使用する時は、先に目立たない場所で試してみると良いでしょう。

バクテリアが繁殖しないためにはどうしたらいいの?

蛇口まわりや洗面ボウルについたピンク色の汚れを一旦落とせても、時期をあけてまた復活してしまうことは多々あります。 これはバクテリアが湿度と温度、水中の栄養分で繁殖するからです。 バクテリアを完全にシャットアウトするのは難しいですが、こまめに掃除すれば繁殖のペースを抑えられます。栄養分となる水気や他の汚れを、日常的に拭き取る習慣をつけると良いでしょう。 常に蛇口まわりや洗面ボウルがきれいな状態なら、生活の清々しさが増します。

最後に 【蛇口まわりや洗面ボウルを徹底的にクリーニングするために】

蛇口まわりや洗面ボウルには、バクテリア以外にもさまざまな原因で汚れがつきます。水垢や石けんの残りをエサにして、ピンク色の汚れに発展してしまうのも考えられる可能性です。バクテリアが繁殖する栄養分を断つため、いちど徹底的なクリーニングを行いたいものですよね。 ピカピカの蛇口まわりや洗面ボウルを実現するためには、ハウスクリーニング業者に依頼するのも良い方法です。 業者の比較サイトなどから、見積もりや作業内容を確認してみることをおすすめします。 ほっとラインでは、料金やサービス内容、口コミで業者を比較してから予約することができますので、ご自分にあった安心な店舗を探してみてください。

洗面所クリーニングを検討するなら

一度プロの洗面所クリーニングをお願いしてみませんか?

すまいのほっとラインでは、口コミ内容やサービス内容、料金から
業者を簡単に探せるうえ、不明な点も直接やり取りすることができます。

  • 24時間オンライン予約できる
  • 予約前の個人情報は必要なし
  • しつこい営業電話の心配なし
  • 不明点は店舗に直接メッセージできる
※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください