洗面台の壁に黒ずみができてしまったのですがどうしたらいいの?

毎日使う洗面台は、お掃除を怠るとすぐ汚れがたまりますね。洗面台の壁もホコリなど付着しに黒ずんできます。そのまま放置するなどすると取り返しがつかないことにもなりかねません。今回は洗面台の壁の黒ずみの除去方法についてご紹介します。

更新日:2017/01/01
 
洗面台の壁に黒ずみができてしまったのですがどうしたらいいの?

洗面台の壁の黒ずみの原因

一般的な壁の黒ずみの原因は、住んでいる人の手垢とホコリが主なものとされています。電気スイッチ回りなどの壁の黒ずみは目立ってしまいますね。お困りの洗面台回りの壁は、湿気がこもりカビも生えやすい環境なので壁の黒ずみは、いつのまにか壁紙に生えたカビの上にほこりがたまっているのが原因かもしれません。

洗面台の壁の黒ずみの除去①

洗面台の壁の黒ずみ除去では、まず壁に付着したホコリを取り除くことです。壁にはホコリが付着しているもので、ホコリ除去にはポリプロピレン製のはたきが使い易いです。はたきを2~3回振って静電気を起こしてからはたくと多くのホコリがはたきに付着します。

ホコリを落したら、家庭用洗剤を染込ませた布で壁の拭き掃除です。これで壁全体のうっすらした黒ずみは除去できます。

洗面台の壁の黒ずみの除去②

手垢による壁の黒ずみは、良く手が触れる所に集中する油分を含み、落ちにくい汚れです。油汚れ用の洗剤を含ませた布で擦ったり、重曹水をスプレーしスポンジで丹念に擦るなどして下さい。ここでの注意点は、壁紙をやさしく拭くこと、そして最後には必ず固めに絞った雑巾で水拭きをして下さい。壁紙に洗剤が残るのは、壁紙にとって良くありません。

最後に【まとめ】

壁紙の黒ずみがカビなら壁紙の裏も注意が必要です。狭い範囲のカビならご自分で対処もできますがカビが残っていると後で健康に影響することもあります。手に余ると感じた場合はプロの業者さんへ相談しましょう。

ほっとラインでは、料金やサービス内容、口コミで業者を比較してから予約することができますので、ご自分にあった安心な店舗を探してみてください。

※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください

\ SNSでシェア /