更新日:2017/01/01
洗面所の鏡の水垢はどうやってきれいにする?

洗面所の鏡の水垢はどうやってきれいにする?

洗面所の鏡の水垢はどうやってきれいにする?

鏡に水垢が付いてしまう原因とは?

そもそも、洗面所の鏡に水垢が付いてしまう原因は水道水に含まれるカルキ成分が原因です。

水道水は液体では無色ですが水分が蒸発すると水道水に含まれるカルキ成分が残ってしまい、白っぽい汚れとして鏡に残ってしまいます。

これが鏡に付いた水垢の正体なのです。

しかし、水垢は水分を完全に拭き取ることで予防できますので吸水性のあるタオルや水切りワイパーなどで水分を除去するようにしましょう。

では、すでに水垢が付いてしまった鏡はどのようにして掃除するのでしょうか?

鏡の水垢は分解してから落とす

洗面所などの鏡に付いてしまった水垢はこびりついた固形物のようになっていることが多く、一般的には頑固な汚れの1つと言われます。

初期の水垢であれば、市販のクエン酸スプレーやクエン酸配合の食器用洗剤とスポンジで落ちることもありますが、それより頑固な水垢では、よりクエン酸の濃度が高いクエン酸水で水垢を分解することで簡単に落とすことも出来ます。

クエン酸水をつけた鏡にティッシュペーパーをパックのように貼り付けておくと水垢がさらに分解されやすくなります。

鏡に付いた分解できない頑固な水垢は擦って落としても大丈夫?

クエン酸水をパックのように貼り付けて置いたのにあまり効果が見られない場合は、かなり頑固な汚れになっています。

洗面所の水垢を長期的に放置してしまうと、このように分解しても落ちないくらい頑固な汚れになってしまいます。

特に頑固な水垢は研磨剤の入った洗剤やスポンジで擦って落とす方法がありますが、自分で行うには注意しなければならない場合があります。

水垢が落ちにくいからと強い力でゴシゴシ擦ると鏡に傷がつく恐れがあります。

また、曇り止めなどの加工をしてある鏡では擦ること自体がNGな場合もありますので気を付けましょう。

最後に【水垢の状態によってはクリーニングが必要な場合も】

水垢は日々の掃除が洗面所の鏡をきれいに保つポイントです。

しかし、長い間放置された水垢や手に負えない状態の水垢は無理に自分で行わずに一度、専門の業者に相談してみて、状態の確認をしてもらうことも視野に入れておきましょう。

ほっとラインでは、料金やサービス内容、口コミで業者を比較してから予約することができますので、ご自分にあった安心な店舗を探してみてください。

洗面所クリーニングを検討するなら

一度プロの洗面所クリーニングをお願いしてみませんか?

すまいのほっとラインでは、口コミ内容やサービス内容、料金から
業者を簡単に探せるうえ、不明な点も直接やり取りすることができます。

  • 24時間オンライン予約できる
  • 予約前の個人情報は必要なし
  • しつこい営業電話の心配なし
  • 不明点は店舗に直接メッセージできる
※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください