更新日:2017/01/01
ドラム式洗濯機の洗濯槽はどうやって掃除したらいいの?

ドラム式洗濯機の洗濯槽はどうやって掃除したらいいの?

ドラム式洗濯機の洗濯槽はどうやって掃除したらいいの?

ドラム式洗濯機でも汚れはたまる!

衣類についた泥や調味料、皮脂などはドラム式洗濯機でもほぼ落とせます。しかし汚れが全て排水として流されるわけではなく、機械の内部に残ってしまうケースもあります。特に衣類と直接ふれる洗濯槽は、汚れがたまりやすい箇所です。

放っておけば汚れと湿気を栄養に、カビが大量発生してしまうリスクもあります。毎日着る服に、カビの臭いが移るのは避けたいですよね。それではドラム式洗濯機の洗濯槽を、どのように掃除すれば良いのでしょうか?

塩素系クリーナーで洗濯槽を掃除する方法

ドラム式洗濯機のメーカーや製品別に、洗濯槽を掃除する専用クリーナーが市販されています。主な成分は塩素系漂白剤で、カビを溶かして落とす効果があります。手順は洗濯機の説明書にしたがいクリーナーを洗濯槽へ入れ、「槽洗浄コース」または「つけ置き洗いコース」で洗うだけです。お手軽で間違いが少ない方法なので、安心して試すことができます。

塩素系クリーナーのデメリットは、しつこいカビを溶かせない場合があること。また小さな子供のいる家庭では、塩素という成分が身体にとって不安な時もありますよね。それでは他の洗剤を使って、ドラム式洗濯機の洗濯槽を掃除する方法はあるのでしょうか?

重曹や酸素系漂白剤で洗濯槽を掃除する方法

塩素系クリーナーの成分が心配な時は、重曹とクエン酸を3:1の割合で混ぜたもので洗濯槽を掃除する方法があります。発生した泡の力でカビを落とし、身体にも優しいのがメリットです。より強力なのは、市販されている酸素系漂白剤です。カビをよく浮かし、掃除の効果が期待できます。

どちらを使う時も注意する点は、浮かせたカビがドラム式洗濯機の排水口を詰まらせてしまうリスクがあること。事前に排水口のフィルターをよく掃除しておくか、洗っている間に洗濯槽から浮いたカビをネットですくって対策しましょう。

最後に【ドラム式洗濯機のカビは徹底的なクリーニングを!】

ドラム式洗濯機は構造が複雑で、洗濯槽が完璧に掃除できたか判断が難しいところがあります。自分で掃除してもあまり効果を感じられなかったり、衣類にカビ臭さが残る場合は洗濯機のクリーニングを業者へ依頼を検討しましょう。業者によってはドラム式洗濯機を分解し、高圧洗浄で徹底的に掃除してくれる所もあります。まずは見積もりやサービス内容を、比較サイトなどで確認してみることがおすすめです。

ほっとラインでは、料金やサービス内容、口コミで業者を比較してから予約することができますので、ご自分にあった安心な店舗を探してみてください。

※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください