更新日:2017/01/01

洗濯機の水抜きの方法を教えて

引っ越しの前に

最近の洗濯機(全自動洗濯機やドラム式洗濯機)は普段の洗濯では、洗い⇒すすぎ⇒脱水までを自動で行ってくれます。つまり普段の使い方では必ず脱水まで行うので洗濯機内に水が残っているケースは極まれになります。引っ越しを専門業者さんにお願いした場合は、洗濯槽内に洗濯物が残っていないことを確認しておけば、あとは業者さんに全ておまかせして大丈夫です。万一水が残っていても対応してもらえます。

洗濯機の水抜きの方法①

ご自分で引っ越しするときには洗濯機の水抜きは忘れずにやりましょう。最近の洗濯機は内部に水が残っていることはまれですが、給水ホースと排水ホースには注意が必要です。それでは洗濯機の水抜き方法を順にご紹介します。給水ホースを取り外す(水が残っていることがあるのでバケツなどを準備)

⇒念のため脱水する(1分間ほど脱水を行い内部の水の排水操作を行う)

⇒排水ホースを外す(バケツの準備)これで完了です。

洗濯機の水抜きの方法②

全自動式やドラム式でも水抜きの方法は同じで難しくは無いですね。ただ注意しておきたいのは、水抜き作業で取り外したホースやその他の部品を失くさないように注意してくだしね。引っ越し先で設置出来ないことにもなりかねません。水抜きの終わった洗濯機の洗濯槽にホースや部品類を入れガムテープで固定しておけば運搬もし易く安心です。

最後に

水抜き作業は意外に難しくは無いですね。水を抜いた後の洗濯機を移動すると、ぽちゃぽちゃ水のような音が聞こえるかもしれませんが、これは脱水時の振動をおさえるために洗濯機に封入した液体の音なので問題はありません。

ほっとラインでは、料金やサービス内容、口コミで業者を比較してから予約することができますので、ご自分にあった安心な店舗を探してみてください。

洗濯機クリーニングを検討するなら

一度プロの洗濯機クリーニングをお願いしてみませんか?

すまいのほっとラインでは、口コミ内容やサービス内容、料金から
業者を簡単に探せるうえ、不明な点も直接やり取りすることができます。

  • 24時間オンライン予約できる
  • 予約前の個人情報は必要なし
  • しつこい営業電話の心配なし
  • 不明点は店舗に直接メッセージできる
※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください