更新日:2017/01/01

洗濯槽のカビはどうやって掃除したらいいの?

洗濯槽になんでカビが発生するの?

洗濯槽って、いつも洗剤を使って洗っている物なのに、なんでカビが発生するのか疑問に思ったことはないでしょうか。実は洗濯槽の中はカビにとって、好環境なのです。洗剤カスや衣類についていた食べ物のカスなど、カビにとっては栄養源です。洗濯後の洗濯機は湿度が高いし、洗濯機が保温してくれるので温度もバッチリなのです。特にタテ型全自動洗濯機は、ほとんどの場合、洗濯槽が二重構造なので、すき間に栄養源、湿気がたまりやすく、カビにとっては天国なのです。

洗濯槽のカビはどうやって掃除したらいいの?

酸素系漂白剤でつけ置き洗いをしましょう。洗濯機に「洗濯槽洗浄コース」があれば、それでOK。無ければ、「洗い」だけを使いましょう。

①洗濯槽に水を八割位ためます。(ぬるま湯を使うと効果的です。)

②酸素系漂白剤を入れ、「洗い」で5分間だけ洗濯機をまわします。

③一晩、つけ置きします。

④浮いている汚れをゴミすくいネットなどですくいます。

⑤通常の洗濯コースで洗濯槽をキレイに流します。

⑥洗濯機のフタを開けて、洗濯槽を乾燥させます。

これで、洗濯槽のカビ掃除完了です。

洗濯槽のカビを防ぐには…

洗濯槽のカビを防ぐには、定期掃除です。洗濯槽のカビ掃除を1~2ヶ月に1度行うことです。この他には、洗濯槽を乾燥させておくことが大事です。洗濯槽を洗濯カゴ代わりにしていませんか?それはよくありません。汚れものは、洗濯カゴに入れて、洗濯槽は空にしておきましょう。あと、洗濯機のフタは開けておきましょう。洗濯槽を乾燥させることができます。

最後に【限界を感じたら…】

洗濯槽のカビ掃除をしたけど、まだ、気になるとか、時間もかかるし、面倒くさいと思う場合は、ハウスクリーニングの専門業者に依頼するのも1つの手です。

ほっとラインでは、料金やサービス内容、口コミで業者を比較してから予約することができますので、ご自分にあった安心な店舗を探してみてください。

洗濯機クリーニングを検討するなら

一度プロの洗濯機クリーニングをお願いしてみませんか?

すまいのほっとラインでは、口コミ内容やサービス内容、料金から
業者を簡単に探せるうえ、不明な点も直接やり取りすることができます。

  • 24時間オンライン予約できる
  • 予約前の個人情報は必要なし
  • しつこい営業電話の心配なし
  • 不明点は店舗に直接メッセージできる
※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください