更新日:2017/03/23
お風呂の残り湯を洗濯に使う時の注意点は?

お風呂の残り湯を洗濯に使う時の注意点は?

お風呂の残り湯を洗濯に使う時の注意点は?

残り湯を使うメリットは?

洗濯に使わなければいけないお水をお風呂の残り湯で賄うことで、節約にもなります。

また、ほどよく暖かい温度のお水を使うため、通常の水よりもよく汚れが落ちる仕組みになっています。そう考えるととても良いことばかりに感じますよね。

では、次にどんなことに注意しなければいけないのかを考えていきましょう。

雑菌は大丈夫?

ここで気になるのがお風呂の残り湯に溜まっているであろう雑菌の数々ですよね。 汚れを落とす場所であるお風呂、その浴槽に浸かったあとの雑菌を考えると中々使うのをちゅうちょしていまいますよね。

雑菌に関しては、増やさないように工夫することで対応しましょう。

タオルをお湯につけないことや、必ず体を洗ってから入浴するなど出来ることは様々です。

また浴槽に浮いているゴミや垢や髪の毛は事前に取り除いておくといいでしょう。

注意点は??

その他にも入浴剤を使用した場合など、ケースバイケースなものが多くあると思います。

この入浴剤を使用したお湯に関しては真水と違い、洗濯機を壊してしまう恐れがあるようです。

入浴剤を入れた残り湯を使用する時は、故障の原因となるので、入浴剤を使用した残り湯は使用しない方が良さそうです。

最後に【まとめ】

お風呂の残り湯で洗濯するととてもエコで経済的ですが、雑菌への注意と、入浴剤を入れた残り湯は、避けたほうがいいでしょう。

もし入浴剤入りのお風呂で洗濯機の調子が悪いと感じたり、もっと詳しく知りたい方は、専門の業者に相談することをおすすめします。

ほっとラインでは、料金やサービス内容、口コミで業者を比較してから予約することができますので、ご自分にあった安心な店舗を探してみてください。

洗濯機クリーニングを検討するなら

一度プロの洗濯機クリーニングをお願いしてみませんか?

すまいのほっとラインでは、口コミ内容やサービス内容、料金から
業者を簡単に探せるうえ、不明な点も直接やり取りすることができます。

  • 24時間オンライン予約できる
  • 予約前の個人情報は必要なし
  • しつこい営業電話の心配なし
  • 不明点は店舗に直接メッセージできる
※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください