更新日:2017/01/01

洗濯機が下水臭いんですがどうしたらいいの?

洗濯機が下水臭い原因はなに?

お使いの洗濯機が下水臭くなる原因は、排水口付近から下水の臭いが上がってきていると考えられます。排水口は通常いくつかのパーツからなり、そのパーツに臭いが移ったというケースもあります。具体的に汚れていると思われる箇所は排水ホース、防水パン、排水トラップ、排水口そのものなどです。洗濯機の排水口周りのパーツを取り外していけば、どこが臭いの原因かわかるかもしれません。それぞれ掃除する手順を考えてみましょう。

排水口周りのパーツを掃除する

排水口周りのパーツを掃除するには、洗濯機を移動する必要があります。先に電源を抜き、故障させないよう慎重に動かしましょう。パーツの掃除は中性洗剤や重曹を使い、古歯ブラシなどで磨いていきます。排水トラップは取り外せるものが多いため、分解して掃除するのがおすすめ。排水ホースについて内側が下水臭い時はつけ置き洗いか、思い切排水トラップを元に戻す際、コップ状の部品へ水をためるのを忘れないようにしましょう。ここに水がたまっていないと、下水の臭いが空気に乗って洗濯機まで直接上がってくるリスクがあります。

排水口そのものが下水臭い時は

パーツを掃除しても洗濯機が下水臭い場合、排水口そのものが原因かもしれません。下水の臭いが上がってくるのは、排水口の汚れがひどい可能性があります。排水口の汚れを落とすには、市販のパイプ洗浄剤が便利です。汚れを溶かし臭いを抑えてくれます。パイプ洗浄剤の代わりに、重曹とクエン酸を3:1で混ぜたものを排水口へ入れるのも有効です。洗浄剤を入れて30分ほど置いたら水で流し、周辺を軽くブラシで磨けば洗濯機の臭い軽減が期待できます。

最後に【排水口周りのトラブルは洗濯機が使えなくなる】

自分で下水の排水口周りを掃除する時は、洗濯機の移動やパーツ分解に注意を払う必要があります。また掃除を終えた後も排水ホースの接続など、丁寧に行わなくてはいけません。作業を間違って洗濯機やパーツを壊してしまった場合、衣類が下水臭いどころか洗濯そのものができなくなります。慣れない箇所のメンテナンスは、洗濯機または水回りの専門業者に依頼するのがおすすめです。

ほっとラインでは、料金やサービス内容、口コミで業者を比較してから予約することができますので、ご自分にあった安心な店舗を探してみてください。

洗濯機クリーニングを検討するなら

一度プロの洗濯機クリーニングをお願いしてみませんか?

すまいのほっとラインでは、口コミ内容やサービス内容、料金から
業者を簡単に探せるうえ、不明な点も直接やり取りすることができます。

  • 24時間オンライン予約できる
  • 予約前の個人情報は必要なし
  • しつこい営業電話の心配なし
  • 不明点は店舗に直接メッセージできる
※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください