タバコのヤニで汚れた壁紙どうする?使用する洗剤はアルカリ性がOK!

愛煙家がいるご家庭では壁紙についたタバコのヤニの汚れは気になりますよね。綺麗な壁紙を容赦なく汚すタバコのヤニは、なかなか落ちなくて困っている方も多いと思います。しつこいこの汚れを落とす方法はあるのでしょうか。今回は、壁紙についたしつこいタバコのヤニの汚れの原因、落とし方、予防策をご紹介します。

タバコのヤニで汚れた壁紙どうする?使用する洗剤はアルカリ性がOK!

壁紙(クロス)に染み付いた汚れがなかなか取れず、そのまま諦めて放置していませんか?特にタバコのヤニは相当頑固でお手上げですよね。ついてしまった汚れを落として、元通りにすることは難しいですが、洗剤を使えばある程度汚れを薄める事はできます。

タバコのヤニは油性なので、アルカリ性の洗剤で壁紙を掃除すると効果的ですよ。今回は、アルカリ性の洗剤を使って壁紙を掃除する方法を紹介します。

どうしてタバコで壁が汚れるの?

どうしてタバコで壁が汚れるの?

タバコの煙にはタールという有害物質が含まれています。タールは植物性の樹脂で、ヤニとも呼ばれています。油性で粘り気が強く発がん性物質も持っているので、喫煙者の歯を黄色く変色したり、肺やのどにこびりつくことで呼吸器が正常に機能しなくなったり、最悪の場合ガンで亡くなったりします。

この影響力は人体だけでなく物にも及び、ヤニが付着すると壁紙が黄ばみ臭いがこびりついてしまいます。一度付着するとなかなか落とせず、いくら換気してもどことなくタバコ臭いのが拭い去らないでしょう。ヤニを完全に落とすことは難しいですが、ある程度薄めることは可能です。ここでは壁紙に染み付いた臭いや色を薄める方法を紹介します。

ヤニを落とすはアルカリ性の洗剤

ヤニを落とすはアルカリ性の洗剤

ヤニは壁紙の細かい部分にも入り込むため、水拭きでは簡単に落とせません。油性汚れに効果的なのは、アルカリ性の洗剤です。壁紙用の洗剤を買わなくても4つの洗剤で代用できますよ。

1.重曹

重曹はアルカリ性なのでヤニを分解し、汚れを落としやすくします。臭いを消す効果もあるので、消臭と同時に防臭もできます。重曹水の作り方も簡単で、ぬるま湯2カップと重曹1カップを空のスプレーボトルに入れてよく振って混ぜると重曹水の完成です。

2.セスキ炭酸ソーダ

重曹で落とせなかったヤニ汚れは、セスキ炭酸ソーダを使いましょう。セスキ炭酸ソーダとは、炭酸ナトリウムと重曹の複塩で、両方の性質を持ち合わせています。油やたんぱく質の汚れを落とすのに活躍し、肌にも優しく臭いもせず、常温で長く使えます。使い方は重曹と同じですが、重曹よりアルカリ性の効果が強いので、スプレーにぬるま湯2カップとセスキ炭酸ソーダ小さじ1杯を空のスプレーボトルに入れてよく振って混ぜるとセスキ炭酸ソーダ水の完成です。

3.オレンジオイル

同じくヤニ汚れがひどい場合は、オレンジオイルです。臭いを消す効果や、緊張を和らげるリラックス効果がありで香水にも使われますが、油や脂肪を分解する効果もあるので洗剤としても使われます。オレンジオイル配合の洗剤を使うのも効果的です。

4.漂白剤

漂白剤は、塩素系と酸素系があり、塩素系強力ですが壁紙の色をも落としてしまったり、プールで嗅ぐ独特の臭いを発生したり、直接触ると手が荒れたりします。酸素系はその分威力も弱まりますが、肌にも優しく臭いもありません。塩素系漂白剤を使うときは換気をして、ゴム手袋を装備し、水で薄めて使いましょう。酸素系は液体タイプと粉末タイプがあり、液体タイプは弱酸性で粉末タイプは弱アルカリ性です。酸素系漂白剤を使うときは弱アルカリ性である粉末タイプを使いましょう。

壁紙の掃除方法

壁紙の掃除方法

それでは、アルカリ洗剤を使って壁紙を掃除する方法を紹介します。

用意するもの
  • アルカリ洗剤
  • スポンジまたは、ブラシ
  • ゴム手袋
  • 水拭き用布巾
  • 乾拭き用布巾

手順1. ゴム手袋を装着する

肌の弱い人はゴム手袋を必ず装着しましょう。

手順2. 洗剤を吹きかける

壁紙のヤニ汚れに、アルカリ洗剤を狭い範囲で直接つける。汚れが浮いたらすぐにスポンジやブラシで優しくこすり洗いをする。スポンジやブラシが汚れてきたら洗って、また優しくこすり洗いをする。汚れたままのスポンジやブラシだとせっかく落とした汚れがまた付着します。

手順3. 壁紙を拭く

水拭き用布巾を濡らして硬く絞り、洗剤とヤニを拭き取る。乾拭き用布巾で、水拭きした場所をしっかりと拭いて完了。

水拭きの後に乾拭きをしないと、そこからカビが生えたりシミが出来たり変色し、また別の方法で掃除が必要になります。特に乾拭きは忘れずに行いましょう!

洗剤を使う時の4つの注意点

洗剤を使う時の4つの注意点

掃除方法を紹介しましたが、注意点4つあるので紹介します。

1.洗剤の威力を試し拭きする

洗剤にも様々な種類や効果がありますが、強力な洗剤ほど汚れどころか壁紙の色まで落としてしまう恐れがあるので、ヤニ汚れに洗剤をつける前に目立たない箇所で試しておきましょう。

2.広範囲で使わない

一度に広範囲に使ってしまうと、一つの汚れに思ったより時間がかかってしまい、他の場所が液垂れしてしまいます。液垂れ筋シミやムラになってしまいます。下の方だと床に付く可能性もあるので、場合によってはビニールシートを敷いて掃除しましょう。

3.強くこすらない

壁紙を強くこすると、破れてしまったり傷がついてしまったりします。円を描くようにして優しくこすることがコツです。洗浄力の強い洗剤やスポンジで強く拭くとムラができるので注意が必要です。

4.壁紙のつなぎ目は避ける

場所によっては壁紙が何枚もつなぎ合わせて、貼っている場合もあります。つなぎ目に洗剤をかけると、壁紙が剥がれやすくなります。洗剤をかける前につなぎ目を把握しておきましょう。また拭くときはつなぎ目と平行になるように、上下に拭くと壁紙がしわよせがしにくくなります。

ヤニがつかない3つの予防対策

ヤニがつかない3つの予防対策

どんなに汚れが小さくても、積み重なれば目立ちます。放置する時間が長いほど、掃除する時間もかかります。重曹は臭いを消して防ぐ効果がありますが、少しでも汚れや掃除の負担を減らすために予防方法3つ紹介します。喫煙者も禁煙者もお互い配慮して気持ちよく過ごせるといいですね。

1.換気

密室だと行き場のないタバコの煙は、そのまま部屋の壁や物に染み付き汚れていきます。換気扇を回したり窓を開けたりして、その近くでタバコを吸いましょう。風の流れで煙が室内にこもることなく外に出ていきます。

2.ベランダなど、なるべく外で吸う

ベランダに出て窓を閉めてタバコを吸うと、室内のことを気にせず吸えますが、近所の家に煙が行ってしまい、迷惑をかけることもあるのでほどほどにしておきましょう。また外出して喫煙できるところに行くこともできますが、歩きタバコは周りの物や人を損害や火傷させてしまうのでやめましょう。

3.空気清浄機を使う

タバコを吸う時だけ起動させると、煙を吸い込みヤニがフィルターにつきます。空気清浄機があるのとないのとで壁紙の汚れの付き具合が違ってくるようです。ただフィルターの手入れや交換をしないと起動しなくなるのでこまめに確認しておきましょう。

まとめ

タバコのヤニは強烈です。どれだけ掃除しても臭いや色が気になってしまうかもしれません。特に賃貸で住んでいる方は注意しないと、引越するときに壁紙を張り替える費用を請求されたり、敷金から差し引かれたりする可能性があります。いざという時はプロに頼んだり、可能ならクロスを張り替えたりすることも考えておきましょう。

しかし一番の方法は禁煙をすることです。タバコは人体や物に悪影響を及ぼします。吸い過ぎると色や臭いが部屋に染みつき、健康にもよくありません。本数を減らしたり、電子タバコに変えたり、病院に診察してもらったりして、少しずつやっていきましょう。これを機に禁煙を始めてみませんか?

壁紙(クロス)クリーニング業者を探す時は、ほっとラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください

\ SNSでシェア /

同じカテゴリの関連記事

その他のカテゴリー記事を見る

pvms