更新日:2017/01/01
子供が壁に落書きをしてしまったんですが落ちますか?

子供が壁に落書きをしてしまったんですが落ちますか?

子供が壁に落書きをしてしまったんですが落ちますか?

水性ペンの落書きを消す方法

子供の落書きでも比較的消しやすいのが、水性ペンによるものです。壁に書いてから時間が経っていなければ、雑巾などで軽く拭くときれいになります。時間が経ち固まってしまった場合も、歯ブラシと歯磨き粉を使って軽くこするとほぼ落とせます。あとは拭き取れば完了。特別な洗剤などが無くてもカバーできるのは、嬉しいですね。

油性ペンの落書きを消す方法

少し厄介になる子供の落書きが、油性ペンで書かれたものです。まだ乾ききっていない時は、メラミンスポンジでこすれば消えるケースもあります。しかし乾いてしまった場合、いくつか用意するものがあります。

まずは除光液や燃料用のアルコールなど、石油で作られた液体。これを布や綿棒などに含ませて、汚れた箇所に押し当てます。しばらくすると油性ペンの成分が溶け出すので、それを拭き取ります。仕上げに重曹水をスプレーしてもう一度拭けば、より壁の仕上がりがきれいになります。

クレヨンやボールペンの落書きを消す方法

子供が大好きなクレヨンの汚れには、メラミンスポンジがおすすめ。少し水を含ませてこすると、ほとんど消えてしまいます。百円均一で買えて様々な場面で使えるので、常備しておくと良いでしょう。ボールペンの落書きに効くのが、塩素系の洗剤。

綿棒などにつけて、汚れの部分にしみ込ませます。これを何度か繰り返すとインクが溶けてくるので、壁の水拭きと乾拭きをすれば落とせます。なお塩素系洗剤は手荒れなどの害があるため、手袋をしたうえで行いましょう。

最後に 【子供が落書きしないための対策は?】

落書きをするたび以上のような方法で消していくのは、キリがなく疲れてしまうかもしれません。子供がイタズラしなければありがたいですが、厳しく言ってもなかなか難しい所はあります。そこで落書きを防止するための、アイディアがいくつかあります。筆記用具を子供の手が届かない所へ置いたり、壁に保護用のシートを貼ったり、自由にお絵かきして良いエリアを作る等です。

お互いにストレスを感じない、納得のいく方法が見つかればそれが正解になるでしょう。落書きがどうしても消えない場合位はクロスクリーニング業者の方にお願いするといいかもしれませんね。お金はかかりますがお掃除のプロがキレイにしてくれますよ。

ほっとラインでは、料金やサービス内容、口コミで業者を比較してから予約することができますので、ご自分にあった安心な店舗を探してみてください。

壁紙(クロス)クリーニングを検討するなら

一度プロの壁紙(クロス)クリーニングをお願いしてみませんか?

すまいのほっとラインでは、口コミ内容やサービス内容、料金から
業者を簡単に探せるうえ、不明な点も直接やり取りすることができます。

  • 24時間オンライン予約できる
  • 予約前の個人情報は必要なし
  • しつこい営業電話の心配なし
  • 不明点は店舗に直接メッセージできる
※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください