壁をクリーニングしたいのですが、どんな洗剤を使えばいいのですか?

部屋の壁には、知らず知らずのうちに様々な汚れがついています。特に多くの人が悩まされるのが、たばこによる黄ばみでしょうか。きれいにするには洗剤を使って一気に行いたいところですが、何も考えずに壁に洗剤を使ってしまうと、逆にシミになってしまうこともあります。きれいな仕上がりにするためにも、壁にダメージの少ない洗剤を使いたいところですよね。そこで今回は、壁のクリーニングに使える洗剤についてご紹介したいと思います。

壁をクリーニングしたいのですが、どんな洗剤を使えばいいのですか?

壁のクリーニングに使える洗剤の種類

壁掃除において活躍するのは、まずはアルカリ性洗剤です。汚れの中の油分と反応し、汚れを落とすことができます。薄黒い汚れには、クリームクレンザーが効果的です。

元が白色のクロスでなかなか白くならないという場合は、漂白剤を使うのも手です。キッチン用のものでも効果がありますよ。なかなか落ちない厄介な汚れには、エタノールやアルコールを使用してみましょう。

ボールペンなどの汚れは、これで落とすことができるはずです。

ヤニ汚れには重曹・アルコール

たばこのヤニ汚れは、ただこすっただけで簡単にとれるものではありません。ヤニ汚れを取るために使いたいのは、重曹やアルコールです。どちらもアルカリ性なのでヤニ汚れに対して効果があり、壁の気になる汚れ部分につけてスポンジやタオルなどで拭くとだんだんと汚れが取れてくるはずです。

水拭き、乾拭きと行い、仕上げに漂白剤を使用してみるのも良いかもしれません。

洗剤が使えない壁もある

多くの家でよく使われるビニールクロスの場合は、上記でご紹介した洗剤でのクリーニングを推奨します。しかし、木や土、砂などで作られた壁の場合、洗剤が染み込んでしまったり壁がボロボロになってしまったりすることが考えられるので、クリーニングに洗剤を使うのはおすすめできません。

そのような壁の場合は、掃除機でほこりを吸ったり、布で軽く拭いたりする程度で抑えておくべきでしょう。

最後に【汚れを見極めて洗剤を選ぼう】

まずは、壁の汚れがどんな汚れなのかをよく確認してみましょう。ヤニ汚れ、ほこりによる汚れなど、汚れのタイプによって洗剤を使い分けることによってきれいにクリーニングすることができます。

ほっとラインでは、料金やサービス内容、口コミで業者を比較してから予約することができますので、ご自分にあった安心な店舗を探してみてください。

※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください

\ SNSでシェア /

pvms