トイレの黒ずみはどう掃除したらいいの?

ついつい掃除をさぼってしまうと出てしまうのがトイレの黒ずみですよね。ブラシでいくら擦っても全く落ちる気配はありません。毎朝トイレに行くたび黒ずみを見るのは、うんざりと感じる方は多いと思います。毎日ピカピカのトイレで毎日過ごしたいですよね。そんな方のために、黒ずみをキレイに取り除く方法をご紹介します。

更新日:2017/01/01
 

黒ずみの原因を知ろう

まず黒ずみを取るために、原因を知る必要があります。便器の黒ずみの主な原因は、カビやホコリです。このカビやホコリが便器表面に付着し蓄積することで、黒ずみが出来てしまうのです。こうなってしまうと、普通にブラシで何度ゴシゴシしようと、黒ずみが取れることはありません。そんながんこな黒ずみを取り除く方法を2点を、ご紹介します。

塩素系の洗剤で落とすには?

まず黒ずみの主な原因であるカビに最も効果があるのが塩素系の洗剤です。塩素系の洗剤はカビを分解し漂白することが出来ますので、まずはこの方法を試すことをおすすめします。黒ずみ部が水面部分にある場合、洗剤が水で薄まって効果が出にくくなりますので灯油用の手動ポンプ等を使って、水位を下げてください。次にトイレットペーパーを黒ずみ部分に貼り付け、上から洗剤をかけ、約2時間程度放置した後、水で流してください。

研磨パッドでこすり落とす方法とは?

塩素系洗剤では落ちないレベルの黒ずみは、陶器用研磨パットでこすり落とします。この場合も、水面が黒ずみにかかっていたら、灯油用の手動ポンプで水位を下げてください。サンドペーパーでこすり落とす方法もありますが、研磨パットの方が傷付きにくいため、こちらをおすすめします。

力を入れすぎるとトイレが傷ついてしまう可能性がありますので、注意が必要です。黒ずみが取れたらそれ以上はこすらず、作業を終えてください。

黒ずみが出来ないためには

黒ずみが出来ないためには、2~3日に1回、最低でも週に1回、掃除することをおすすめします。またブラシも洗剤も出来るだけ取り出しやすい位置に配置し、お風呂に入る前にさっと掃除を行う等、習慣化出来る状況にすると、常に綺麗なトイレが保つ事が出来ます。

しかし、頻繁に掃除するのは、手間だし時間もないという方は、専門の業者に依頼してみると思った以上にピカピカになりますよ。

ほっとラインでは、料金やサービス内容、口コミで業者を比較してから予約することができますので、ご自分にあった安心な店舗を探してみてください。

※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください

\ SNSでシェア /

その他のカテゴリー記事を見る

pvms