更新日:2017/01/01
トイレのウォシュレットの掃除はどうしたらいいの?

トイレのウォシュレットの掃除はどうしたらいいの?

トイレのウォシュレットの掃除はどうしたらいいの?

ウォシュレットトイレのノズル部分を掃除する

ウォシュレットでもノズル部分は便器の内部にあるため、特に汚れやすくなっています。ノズル周辺に汚れがたまると、流水がそれを巻き込むため不潔になります。トイレ掃除を行う際、ぜひお手入れしたい箇所です。ウォシュレットノズルの掃除は中性洗剤を含ませた布などで、拭き取りながら行います。水の噴出口のような細かい部分は、綿棒やつまようじを活用すると良いでしょう。最後は洗剤が残らないよう、しっかり拭き取るのがポイントです。

意外な盲点!便器とウォシュレット装置の間にたまった汚れ

便器とウォシュレット装置の間にはすき間があり、使っているうち飛びはねた尿など汚れがたまります。トイレ掃除しているはずなのに嫌な臭いが残るのは、この部分が原因かもしれません。掃除方法としてはすき間にクリーニング用ペーパーや、洗剤をつけた綿棒など差し込んで拭いていきます。

ウォシュレットによっては装置を取り外せる製品もあるので、外したうえで全体をトイレ洗剤などで磨くと良いでしょう。その際は装置を落として割ったり、故障させないよう注意をおすすめします。

他にもこんな部分を掃除しましょう

ウォシュレット付きトイレは他にも操作部など、汚れのたまりやすい箇所があります。指に触れたり大切な機能を持った部分も多いので、合わせて掃除しましょう。とりわけ重要なのは操作部のツマミやパネル部、またフィルターの掃除です。

取扱説明書があれば、メンテナンス方法も含め参考にするのがおすすめです。ウォシュレットトイレの細かい部分まで掃除すれば、使う時の快適さが増します。

最後に 【自分でのウォシュレット掃除が難しい時は】

快適であるためパーツも多く、掃除の労力が大きいウォシュレット付きトイレ。特に装置の取り外しなどは、面倒に感じることがあるかもしれません。またウォシュレットは精密機械なので、掃除しているうち故障させてしまうことも考えられます。自分で掃除するのが難しい時は、トイレクリーニングを行う業者へ依頼するのがおすすめです。その際は事前に比較サイトなどで、料金などを調べてみましょう。

ほっとラインでは、料金やサービス内容、口コミで業者を比較してから予約することができますので、ご自分にあった安心な店舗を探してみてください。

トイレクリーニングを検討するなら

一度プロのトイレクリーニングをお願いしてみませんか?

すまいのほっとラインでは、口コミ内容やサービス内容、料金から
業者を簡単に探せるうえ、不明な点も直接やり取りすることができます。

  • 24時間オンライン予約できる
  • 予約前の個人情報は必要なし
  • しつこい営業電話の心配なし
  • 不明点は店舗に直接メッセージできる
※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください