トイレのタンクってどうやって掃除したらいいの?

トイレを流す水について、普段あまり意識することはないでしょう。しかしその水が出てくるタンク、知らず知らずひどい汚れになっているかもしれません。トイレは床や壁だけでなく、流れる水も清潔に保たれているのが理想です。今回はその理由と、タンクを掃除する方法について紹介します。

更新日:2017/01/01
 

トイレのタンクを掃除しないとどうなるの?

トイレのタンクを掃除しなくても水は流れるし、きれいにする必要は特に感じないかもしれません。百聞は一見にしかず。ひとまずタンクのふたを開けて、中をのぞいてみてください。茶色くなった水垢や黒ずんだカビを見て、ショックを受けた方もいるでしょう。

いずれは下水として流れるものですが、毎日使っているのがこの水と思うと良い気分はしないものです。そのままにしておくと便器の汚れがなかなか落ちなくなるうえ、カビが体調を崩す原因になることもあります。掃除の手順はあまり複雑ではないので、ぜひトイレのタンクをきれいにしましょう。

トイレタンクの外側を掃除する方法

トイレを流す水がたまっているのはタンクの内側ですが、外側も掃除するのをおすすめします。ふたなどに付いたホコリが内部へ入り込み、水垢やカビを増殖させる可能性があるからです。タンクの外側は中性洗剤を含ませた布などで、汚れを拭き取っていくと良いでしょう。強アルカリ性や酸性を示す洗剤はあまりおすすめできません。内部へ浸み込むとプラスチックのパーツが劣化することも考えられます。

トイレタンクの内側を掃除する方法

トイレタンクの内側を掃除する際は、まずドライバーで止水栓を締めて水が溢れないようにしましょう。水が止まったらタンク内部の黒ずみを中心に。中性洗剤とブラシでこすればほぼ落ちます。なかなか落ちない箇所は、メラミンスポンジで掃除するのが有効です。

掃除が終わったらトイレの止水栓を開けて、水がたまるようにします。タンクの汚れを防止するために、月に1回ほどカップ一杯の重曹か、専用の洗浄剤を入れてお手入れすると良いでしょう。

最後に【トイレのタンクが壊れたら一大事!】

多くのトイレタンクは陶器製のため、しつこい汚れはそれほどありません。掃除の時間もあまりかからず、きれいになっていく達成感が得られるでしょう。とはいえ掃除している間に、パイプや部品へヒビが入ってしまうと一大事です。

最悪のケースでは水漏れや、トイレを流すのに必要な水量が出なくなることもあります。壊してしまう可能性や難しさを感じたら、トイレクリーニングの業者へ依頼しましょう。

ほっとラインでは、料金やサービス内容、口コミで業者を比較してから予約することができますので、ご自分にあった安心な店舗を探してみてください。

※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください

\ SNSでシェア /

その他のカテゴリー記事を見る

pvms