更新日:2017/01/01
トイレが詰まったとき、どうしたらいいの?

トイレが詰まったとき、どうしたらいいの?

トイレが詰まったとき、どうしたらいいの?

高い位置から水を注ぐ方法

トイレを詰まらせる原因は、そこに流した掃除用ペーパーなど溶けないものや、玩具といった固形物を誤って落とした時も、詰まりの原因になります。溶けないものをトイレに流したり持ち込まないよう、普段から心がけたいものです。詰まった原因が固形物ではないケースで試せるのが、高い位置から水を注ぐ方法です。

まずは便器に溢れた水が引くのを待つか、桶などで取り除きます。その後詰まった排水口へ向けて、ヤカンやバケツにためた水を注ぎこみます。勢いをつけるため、なるべく高い所から注ぐのがポイントです。これで詰まっている異物が流れる可能性があります。

お湯と重曹を使った方法の注意点

水を流して解決しなければ、50度ほどのお湯へ重曹を溶かして同じように注ぎます。排水管の内部にこびりついた異物をはがし、流れが正常に戻る効果を期待できます。ここで熱湯を使いたくなるところですが、便器が割れることがあるため温度は控えめにしましょう。

またトイレに詰まったのが固形物とはっきりわかる場合は、水やお湯を使うのはおすすめしません。固形物を奥まで流し込むと詰まりが悪化するケースもあるので、ラバーカップを使いましょう。

トイレの詰まりに有効なラバーカップ

水やお湯を使っても詰まりが取れない、または固形物が詰まった場合は「ラバーカップ」を使います。片手で持てる棒の先に、半円状のゴムが付いている道具です。このラバーカップを便器の排水口へしっかり押し当て、排水管の中を引っ張り出すようなイメージで棒を引きます。

何度か繰り返すうちに異物が動いて、詰まった原因を解消できる可能性があります。トイレ以外であまり使う道具ではありませんが、スーパーやホームセンターで簡単に手に入ります。詰まった時のため常備しておくと良いでしょう。

最後に【詰まりが解消されない時の奥の手がある?】

ラバーカップでも詰まったトイレが解消されない時は、どうしたら良いのでしょうか?奥の手として真空ポンプを使って吸い込んだり、強力な溶剤を流して異物を溶かす方法はあります。しかしこれらは危険をともなう上、トイレを故障させる原因にもなります。一般的にラバーカップまで試して状況が変わらなければ、水の詰まり専門に対応する業者への依頼をおすすめします。

ほっとラインでは、料金やサービス内容、口コミで業者を比較してから予約することができますので、ご自分にあった安心な店舗を探してみてください。

トイレクリーニングを検討するなら

一度プロのトイレクリーニングをお願いしてみませんか?

すまいのほっとラインでは、口コミ内容やサービス内容、料金から
業者を簡単に探せるうえ、不明な点も直接やり取りすることができます。

  • 24時間オンライン予約できる
  • 予約前の個人情報は必要なし
  • しつこい営業電話の心配なし
  • 不明点は店舗に直接メッセージできる
※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください