更新日:2017/01/01
トイレの臭いを徹底的に消臭する方法を教えて!

トイレの臭いを徹底的に消臭する方法を教えて!

トイレの臭いを徹底的に消臭する方法を教えて!

消臭機能のある芳香剤を置けば解決?

最近は消臭機能をもった芳香剤が、スーパーなどで手に入ります。しかしそれをトイレに置けば解決かというと、そうではありません。臭いの主な原因は固まった尿と細菌の化学反応なので、取り除かないかぎり嫌なアンモニア臭が発生し続けます。それがある程度のレベルを超えると芳香剤の匂いと混ざって、独特の不快さを演出してしまいます。トイレ内の広い範囲を徹底的に掃除するのが、消臭のポイントになります。

便座とその周りを掃除する方法

臭いの原因になる汚れが最も残るのが、便座とその周り。洗剤を含ませた雑巾や布切れで拭いていきますが、市販のお掃除シートを使えばより便利です。洗剤の成分が既にしみ込んでいて、後片付けも捨てるだけで簡単です。便座の裏側など目に付かない所こそ、丁寧に拭きましょう。周辺の床や壁も、まさかという箇所が汚れていたりします。床と便器のつなぎ目などは、掃除の時に見過しがちなので要注意です。同様に拭き掃除するのをおすすめします。

トイレを長い間掃除していない場合、臭いの成分が固形化している可能性があります。その時はクエン酸を含ませた布と、重曹を含ませた布で二度拭きすると成分が分解されて消臭効果があります。

まだあった!臭いの原因になる場所

トイレの便器については、こまめに掃除している人も多いでしょう。使う道具も市販の洗剤とブラシで、特に変わった点はありません。ポイントとしては隙間や端の部分などに、汚れがたまりやすいことです。使い古しの歯ブラシなども活用し、細かく磨くと良いでしょう。

また汚物入れやトイレマットも、意外と見落としがちです。ゴミを取り除いて拭き掃除や洗濯など行えば、臭いが劇的に減るケースがあります。原因は複数あると考えて、消臭していくのが賢いやり方といえます。

最後に 【徹底的に掃除をしても臭いが残る場合は】

以上のような広い箇所を徹底的に拭いたり磨けば、完全に近い形で消臭が可能です。しかしそれでもかすかな生臭さや、カビのような臭いが残る場合。排水管や、換気扇が汚れていることも考えられます。トイレの排水管と換気扇はたいてい建物に組み込まれていて、取り外したり掃除が難しい場所です。そこを強引に扱って壊してしまうと、修理代が高くつくリスクがあります。気になったらクリーニング専門の業者に依頼するのが無難でしょう。

ほっとラインでは、料金やサービス内容、口コミで業者を比較してから予約することができますので、ご自分にあった安心な店舗を探してみてください。

※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください