トイレの黄ばみを落とす方法を教えて

家の清潔さの印象は、トイレの状態によって大きく左右します。特に来客がある時、どんなイメージを持たれるか気になるものですよね。便器や壁に黄ばみが残っているような状態は避けたいですね。黄ばみを落とす方法はないものでしょうか。

更新日:2017/01/01
 
トイレの黄ばみを落とす方法を教えて

トイレに黄ばみができる原因は?

トイレに黄ばみができる原因は、尿に含まれるカルシウムなどの成分が固まってしまうことです。こうなると便器や壁へ頑固にこびりつき、通常の掃除方法ではなかなか落とせなくなります。尿の成分はトイレの使用後に水を流せば、一緒に取り除けます。しかし小用の際に尿の飛沫が飛び散って、気づかないうち周辺の壁や床に付着してしまうことも。座って用を足せば飛沫はある程度防げますが、それでも便座の裏など見えない所に付く可能性が考えられます。

黄ばみを落とすにはどうするの?

こびりついた黄ばみを落とすには、通常使っている洗剤やブラシでは不十分です。厄介なのは固まった尿の成分で、分解するために市販されている酸性洗剤を使うのが有効です。 便器なら酸性洗剤をかけ、ブラシで磨けばたいていの黄ばみが落ちるでしょう。頑固な汚れはトイレットペーパーに酸性洗剤を含ませ、その部分に貼っておくと分解の効果が高まります。

細かい所は古歯ブラシや、ゴム手袋の上に軍手をはめて直接こする方法も効果的です。酸性洗剤の刺激が気になれば、分解能力は弱くなりますがお酢やクエン酸で代用可能です。 なおトイレ壁などの黄ばみについては、壁紙を傷めないよう最初は薄めて使うのをおすすめします。

トイレに黄ばみを作らない方法は?

トイレに黄ばみを作らないために有効な方法は、とにかくこまめに掃除することです。便器はもちろん尿の飛沫が飛んだと思われる箇所を、使用ごとに掃除すれば確実です。

とはいえ酸性洗剤を毎回使って磨いたりするのは面倒で、気が重く感じられるでしょう。洗剤を使わなくてもトイレットペーパーなどで拭き取るだけで、黄ばみ予防の効果はあります。同居する家族にも使用後のひと手間を、周知しておくのが賢い方法です。

最後に 【トイレを傷つける前に業者へ相談】

上記のような掃除や予防方法を取っても、トイレに黄ばみが残ってしまうケースはあります。酸性洗剤を使っても黄ばみが落ちない時は、防水サンドペーパーで磨いて取り除く方法もあります。しかしサンドペーパーで該当の箇所を傷つけて、逆に汚れが付きやすくなる可能性は少なくありません。

トイレに頑固な黄ばみが残る時は、トイレクリーニングの専門業者へ相談するのがおすすめです。まずは業者の比較サイトなどで、作業内容や料金を確認すると良いでしょう。 価格やサービスを比較できるサイトがございますのでご活用下さい。

※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください

\ SNSでシェア /