更新日:2017/01/01
合皮のソファーのお手入れの方法はどうしたらいいの?

合皮のソファーのお手入れの方法はどうしたらいいの?

合皮のソファーのお手入れの方法はどうしたらいいの?

合皮ソファーの汚れを落とす方法

合皮は汚れに強いとはいえ、そのままにしておくとシミとして残ってしまいます。白など明るい色のソファーを使っている時は、特に注意が必要です。汚れを落とすのにまず使うのが、薄めた中性洗剤と柔らかい布。これで全体を拭いていきます。なかなか落ちないガンコな所は、重曹水を吹きつけてメラミンスポンジで軽くこすると良いでしょう。最後に水拭きと乾拭きをし、乾燥させれば完了です。中性洗剤と重曹水の注意点は、ソファーの着色も落ちてしまう可能性があることです。お手入れ前にまず目立たない箇所で試してみて、影響がないか確認する方法をおすすめします。

破れた時はあきらめるしかない?

長年使っていたり不可抗力で、合皮ソファーが破れてしまった場合です。放置しておくと中から綿が飛び出してしまうため、早めにお手入れしておきたいところですよね。応急処置として自分で縫い合わせたりガムテープを貼る方法があるものの、耐久性や見た目は良くありません。

破れた時は、あきらめるしかないのでしょうか?そこで試していただきたいのが、ホームセンターや通販で購入できる合皮シートです。裏がシール状になっていて、気になる部分へ直接貼り付けられます。全く同じ色や質感ではないかもしれませんが、探してみる価値はあります。

合皮ソファー長く使うためにはどうしたらいいの?

掃除や補修といったお手入れを行う前の段階で、合皮ソファーを長く使うための方法はあるのでしょうか?まず設置する際に、直射日光の当たる場所を避けるのが大切です。乾燥ひび割れにつながるエアコンの風も、なるべく当たらないようにしたいものです。また座る時は一か所に負担が集中しないようにしたり、シートクッションを敷くのも有効です。

そしてペットを飼っている時など、シートカバーをかければ合皮が直接傷つくのを回避できます。犬や猫がソファーに近づかなくなるスプレー等も市販されているので、参考にしてみてくださいね。

最後に【買い替え期かな?と感じたら】

合皮ソファーの寿命は一般的に5年と言われていて、お手入れで長持ちさせてもどこかで限界はきます。買い替え時かな?と感じつつも、愛着や思い出の詰まったものなら簡単には割り切れないでしょう。その際はソファーの修理を専門に行う業者へ、依頼するのも良い方法です。修理代は格安とはいきませんが、見積もりと買い替えの値段を比べて検討するのがおすすめです。

ほっとラインでは、料金やサービス内容、口コミで業者を比較してから予約することができますので、ご自分にあった安心な店舗を探してみてください。

※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください