更新日:2017/01/01
シンクの汚れを落とす方法を教えて

シンクの汚れを落とす方法を教えて

シンクの汚れを落とす方法を教えて

重曹とクエン酸のコンビでシンクの汚れ落とし!

シンク掃除では、市販のクリームクレンザーを使っても汚れを落とせます。けれど一度試したい方法は、重曹とクエン酸のコンビです。まずシンクを水でぬらし、重曹をふりかけてスポンジで拭きます。そうするとシンクが白っぽくなる原因の、油汚れや石鹸カスが取り除けます

。重曹の効かない水垢については、クエン酸または酢をスポンジに含ませて磨けばきれいになります。ガンコな所はクエン酸水をペーパータオルにひたし、その場所へ2~3時間湿布すると良いでしょう。

意外と簡単!排水溝をきれいにする方法

シンクの汚れで掃除するのに気が重い場所が、排水溝です。その臭いとヌメヌメは触れたくないという人も多いでしょう。でもきれいにする方法は意外と簡単です。排水溝の表面にはゴミ受けのパーツが付いているので、取り外してクリームクレンザーや重曹で洗います。この時に使い古しの歯ブラシなどで磨くとなお良いでしょう。

ゴミ受けがセットされていた部分も汚れているので、同じように磨きます。合わせて行いたいのが、排水管の掃除です。市販のパイプ洗浄剤を使えば、詰まりや悪臭を軽減してくれます。パイプ洗浄剤は塩素系など身体に有害な場合が多いので、注意書きをよく読んで使いましょう。

シンクはどれくらいのタイミングで掃除するの?

シンクを掃除するタイミングとしては、毎日行うのが理想です。毎日のお手入れに役立つのが、クエン酸水や薄めた酢を含ませたメラミンスポンジです。これで軽く磨いて、乾いた布で拭き取れば水垢などの汚れが防止できます。忙しくて時間が取れなければ、シンクに残った水を布で拭く方法だけでもかなり効果があります。

毎日のシンク掃除がなかなか習慣化できない時は、気がついたタイミングで行いましょう。三角コーナーや排水溝のゴミ受けに付けるネットを替えるだけでも、清潔さのレベルが変わってきます。

最後に【自分でのシンク掃除が難しい時は】

慣れてしまえば簡単なシンク掃除ですが、逆に慣れるまでが少し大変とも言えます。洗わないまま長期間そのままにしてしまい、排水溝汚れを見てさらに憂鬱になるケースも多いはずです。やらなくてはいけないと分かっていても、勇気がわかないこともあるでしょう。自分での掃除が難しい時は一度、ハウスクリーニングの業者に依頼してみる方法をおすすめします。プロの手によってシンクがピカピカを取り戻せば、お手入れへのモチベーションも新たにできます。依頼の際はまず、業者のホームページや口コミサイトを参考にしましょう。

ほっとラインでは、料金やサービス内容、口コミで業者を比較してから予約することができますので、ご自分にあった安心な店舗を探してみてください。

キッチンクリーニングを検討するなら

一度プロのキッチンクリーニングをお願いしてみませんか?

すまいのほっとラインでは、口コミ内容やサービス内容、料金から
業者を簡単に探せるうえ、不明な点も直接やり取りすることができます。

  • 24時間オンライン予約できる
  • 予約前の個人情報は必要なし
  • しつこい営業電話の心配なし
  • 不明点は店舗に直接メッセージできる
※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください