更新日:2017/01/01
食洗機の掃除の方法を教えて

食洗機の掃除の方法を教えて

食洗機の掃除の方法を教えて

残菜フィルターは毎回お手入れを!

食器に付いた食べ物の残りカスを、受け止めてくれるのが「残菜フィルター」です。食洗機の中で、最も汚れやすい部分です。だからこそ掃除で清潔な状態を保ちたいものですよね。方法としてはまず残菜フィルターを水洗いし、食べカスを落とします。細かい汚れは歯ブラシなどでこすると良いでしょう。

その後布などで拭き取って乾燥させ、食洗機にフィルターを再びセットすれば完了です。残菜フィルターの掃除をしないと、食器を洗う時フィルターに残った食べカスが付く可能性があります。さらに放置すると食洗機に、カビが生えてくるかもしれません。毎回のお手入れをおすすめします。

食洗機専用のクリーナーで掃除する

食洗機の内部は、パイプなどで水を循環させる仕組みになっています。よって食洗機全体を掃除するには、専用のクリーナーを使うのが推奨されています。使用方法はクリーナーまたは食洗機の説明書にしたがいましょう。月に1回はこの方法で掃除するのをおすすめします。またクリーナーの代わりに、クエン酸を使うのも有効です。

重曹や塩素系洗剤は食洗機の掃除に有効?

家の中のさまざまな掃除シーンで、役に立つのが重曹です。これは食洗機を掃除する時も、有効なものでしょうか?結論として、重曹を使った方法はあまりおすすめできません。理由は重曹の泡がすすぎ洗いの邪魔となり、食器に白い跡をつけるかもしれないからです。

またカビ落としに有効な塩素系洗剤も、食洗機では使わない方が良いでしょう。塩素は人体に有害な物質のため、食器を通じて口に入ると考えればリスクはゼロではありません。

最後に【食洗機は乾燥させるのが大切!】

料理を作る頻度や人数によって、食洗機を毎回使う人もあまり使わない人もいるでしょう。汚れた食器が少なかった時は、手洗いで済ませる場合もあるかもしれません。そこで手洗いした時に食洗機を、水切りカゴの代わりにしていないでしょうか?

これは食洗機へ水垢やカビを発生させるリスクがあるので、あまり良い方法ではありません。同じ理由で食洗機は水気に弱いため、あまり使用しない時は内部を乾燥させると清潔さが増します。掃除などメンテナンス方法もメーカーによって違うため、取扱説明書をよく読むことをおすすめします。

ほっとラインでは、料金やサービス内容、口コミで業者を比較してから予約することができますので、ご自分にあった安心な店舗を探してみてください。

キッチンクリーニングを検討するなら

一度プロのキッチンクリーニングをお願いしてみませんか?

すまいのほっとラインでは、口コミ内容やサービス内容、料金から
業者を簡単に探せるうえ、不明な点も直接やり取りすることができます。

  • 24時間オンライン予約できる
  • 予約前の個人情報は必要なし
  • しつこい営業電話の心配なし
  • 不明点は店舗に直接メッセージできる
※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください