更新日:2017/01/01
キッチンの油汚れはどうやって掃除したらいいの?

キッチンの油汚れはどうやって掃除したらいいの?

キッチンの油汚れはどうやって掃除したらいいの?

お湯を使って油を溶かす方法

油汚れの正体は、キッチンで料理に使った油が飛びはねて固まったものです。冷えれば冷えるほどこびりつき、掃除するのが難しくなっていきます。そこで有効なのが、お湯を使って油汚れを溶かす方法です。40~60度のお湯を布に含ませ、気になる箇所を拭けばかなりの部分がきれいになります。キッチンの換気扇やコンロで取り外しできるパーツは、お湯でのつけ置き洗いも効果的です。温度は高いほどよく落ちますが、掃除の際に手をやけどしないよう注意しましょう。

ガンコな油汚れには重曹ペースト

塊になった油をそのままにすると、お湯でもなかなか落ちない汚れとなって残ります。何度拭いてもビクともしないしつこさに、お手上げ状態になるかもしれません。そこで試したいのが重曹ペーストです。重曹と水を、2対1の割合で混ぜて作ります。

ペーストを油汚れへ塗り、その上にラップをかけて1時間ほど置きます。あとは拭き取れば完了です。この方法はキッチンだけでなく、様々な場所の掃除に応用できます。

油汚れを落とせる他の方法は?

お湯も重曹も使わずキッチンの油汚れを落とせるのが、メラミンスポンジです。素材が堅めのスポンジで、水をつけてこするだけで高い効果があります。これを使って掃除する時に気をつける点は、こすった部分が削られて傷つく可能性があること。

商品の注意書きも確認しながら活用しましょう。またレモンやみかんの皮を10分ほど煮て、その煮汁を吹き付けるユニークな方法もあります。かんきつ類に含まれる「リモネン」という成分が、油汚れを分解するのに役立ちます。香りも良いので、掃除後のキッチンが爽やかな空気になります。

最後に 【キッチンの油汚れは防げるの?】

キッチンを掃除する以前に、油汚れを防ぐことはできるのでしょうか?まずはコンロの周りを仕切りで囲み、油が飛びはねないようにする方法。マグネットで簡単に取り付けられる仕切りや、百円均一の商品もあります。でも、家庭で出来ることの限界がきたら、プロに頼んでみるのも賢い手段かもしれません。

ほっとラインでは、料金やサービス内容、口コミで業者を比較してから予約することができますので、ご自分にあった安心な店舗を探してみてください。

キッチンクリーニングを検討するなら

一度プロのキッチンクリーニングをお願いしてみませんか?

すまいのほっとラインでは、口コミ内容やサービス内容、料金から
業者を簡単に探せるうえ、不明な点も直接やり取りすることができます。

  • 24時間オンライン予約できる
  • 予約前の個人情報は必要なし
  • しつこい営業電話の心配なし
  • 不明点は店舗に直接メッセージできる
※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください