年末の大掃除の時のキッチンの掃除方法を教えて

今年もやってくるのが年末の大掃除ですよね。皆さんは、キッチンをどのようにして掃除しますか?複数のキッチン用洗剤を使ってゴシゴシ、何時間もかけて油汚れを落としているのではないでしょうか。実はキッチンの掃除には「セスキ炭酸ソーダ」があれば十分です。ご家庭に重曹があれば、同じように使えます。今回は年末の大掃除のためにキッチンの場所別に使い方をご説明します。

更新日:2017/01/01
 

換気扇はつけおきで落とそう

シンクにゴミ袋を広げて固定したら、ぬるま湯3ℓにセスキ大さじ3を入れてフィルターや羽を入れます。30分経ったら古い歯ブラシやスポンジで浮いた油を落とします。今まで洗剤では落としきれなかった油が、驚くほどスルスルと落ちますよ。フィルターの目に詰まった油は、歯ブラシにセスキの粉末をつけてこすればOK。日頃の掃除では、500㎖の水にセスキ小さじ1を混ぜたスプレーを吹きかけて、同じようにすれば簡単に落ちます。

コンロはパックで落とそう

飛び散った油が固まったコンロには、ぬるま湯500㎖にセスキ小さじ1を混ぜたスプレーをたっぷり吹きかけ、キッチンペーパーでパックをして20分ほど待ちます(もし乾いていたら、再度吹きかけて湿らせてください)。浮いた汚れがペーパーに付いているので、ゆっくりと拭き取ってください。

これでも取れない場合は、粉末のままセスキをふりかけて、10分ほど待ってからスポンジで円を描くように、こすりましょう。セスキは粒子が非常に細かいので、傷はつきません。

シンクはこすって落とそう

シンクに付いた茶色いシミはありませんか?これはもらいサビや、コーヒーなどの色素沈着です。シミの部分が隠れるようセスキの粉末をふりかけて、20分ほど待ってポンジでこすると綺麗に落ちますよ。排水溝のヌメりや臭いには、パイプにセスキを100g以上入れ、お酢を50ccほど入れて発泡させます。

10分ほど待ってから、落としきれていない汚れがあれば、ブラシで落としましょう。赤いヌメりや嫌な臭いも、これでサッパリ解決しますよ。

年末の大掃除を楽にするには

一般的には掃除アイテムとして重曹がよく知られていますが、セスキは似た成分でありながら、重曹の10倍ものパワーを持っています。汚れの度合いによって使い方を変えられるので、マルチに使えるのが魅力です。ササッとでもいいので、普段からセスキを薄めたスプレーを使って掃除しておくと、大掃除の際に手こずることがなくなりますよ。年末の大掃除にはプロにお願いしたいという方も多いと思います。

ほっとラインでは、料金やサービス内容、口コミで業者を比較してから予約することができますので、ご自分にあった安心な店舗を探してみてください。

※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください

\ SNSでシェア /