空室クリーニングの内容ってどんなことをやってくれるの?

住んでいる家の汚れが気になってきた時、ハウスクリーニングを頼んだ経験をお持ちの方もいるでしょう。しかし住んでいない家の掃除となると、業者へお願いするのはピンとこないかもしれません。あまり一般にはなじみのない空室クリーニングとは、どんなことをやってくれるのでしょうか?その内容と、依頼する時のポイントを紹介します。

空室クリーニングはどういう時に必要?

人が住んでいない状態の家や、空き部屋を掃除する空室クリーニングです。それを利用するタイミングは主に入居の直前か、退去の直後です。賃貸物件でもよく行われる空室クリーニングですが、段取りするのはたいてい不動産の管理会社です。自分で業者へ頼んだという方は多くないでしょう。

個人で依頼するケースとなるのが、中古物件を購入または売却した時がほとんどだと思います。空室クリーニングを実施することで清潔な状態になり、物件の価値も上げてくれます。それでは具体的にどんなことをやるのか、内容を確認してみましょう。

家や部屋の隅々まできれいにしてくれる!

空室クリーニングで行われるのがどんなことか挙げると室内のホコリ除去、トイレ等の水回り、仕上げのワックスがけなどです。通常のハウスクリーニングと内容はあまり変わりませんが、床に家具などが置かれていないため掃除が隅々まで徹底されます。

特に活用できるのが、遠方の空き物件を所有している場合です。これを自分で完璧に掃除するのは大変な作業です。空室クリーニングを上手に使って、物件のコンディションを保ちたいものです。

空室クリーニングにはこんな内容も

空室クリーニングで他にどんなことができるかについて、多くの業者で様々なオプションが用意されています。代表的なものは換気扇やエアコンの清掃などです。自分ではなかなか手が付けられない、機械の内部まできれいにしてくれるのは魅力です。

また雨戸やシャッターの掃除、水回りのコーティングといった細かい内容も可能です。入居の直前など徹底的に掃除したいタイミングで、依頼を検討すると良いでしょう。

最後に【空室クリーニングを依頼する時のポイント】

住んでいない物件を掃除してくれる空室クリーニングを依頼する時、どんなことに気をつければ良いでしょうか?業者のホームページで基本料金は確認できますが、どこまでやってくれるかは千差万別です。オプションによって出費がかさんだ話は少なくないので、事前にしっかり確認するのがおすすめです。また見積もり時に具体的な作業内容を、細かく教えてくれる業者の方が信用できます。何人でどれだけ時間をかけてやるかなど、料金以外にも注目するのがポイントです。

ほっとラインでは、料金やサービス内容、口コミで業者を比較してから予約することができますので、ご自分にあった安心な店舗を探してみてください。

※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください

\ SNSでシェア /

その他のカテゴリー記事を見る

pvms