更新日:2017/01/01
賃貸アパートの原状回復ってどうやるの?

賃貸アパートの原状回復ってどうやるの?

賃貸アパートの原状回復ってどうやるの?

そもそも、原状回復ってどこまでやるの?

賃貸アパートの原状回復は、貸主と借主の間で最もトラブルが多い問題です。そこで、国土交通省がガイドラインを出しました。そのガイドラインによると、借主は、故意、過失などによるキズや汚れを直せば良いとしています。

つまり、通常の注意を払って、その部屋を綺麗にしていれば、負担をしなくても良いという訳です。しかし、注意不足で、畳や床にタバコの焦げ跡をつけてしまったり、また、タバコのヤニで壁紙をヤニ色に染めてしまったとか、雨の日に窓を開けっぱなしにして、床を傷めてしまったなどの場合、借主は、原状回復しなくてはいけません。

原状回復のやり方

通常の注意を払っていれば、建物が自然に劣化する部分は、責任を負わなくても良いのですから、普段から、ちゃんと掃除をしていれば、特段やる事はありません。しかし、前述したように、タバコの焦げ跡や壁紙を汚したなどは、責任を負わなくてはいけません。

この場合、修繕費用を借主が負担するという形になります。窓を開けっぱなしにして傷めた床や、ずっと掃除をしなかったために、汚れが落とせなくなってしまって、交換しなくてはならなくなった物などもその交換費用を負担しなくてはなりません。賃貸アパートの原状回復は、このように行います。

原状回復の負担をなくすためには

賃貸アパートを出る時に、原状回復の負担をしなくてもいいようにするには、普段から掃除をすることです。汚れは、長年放置してしまうと、取り返しのつかないことになってしまいます。まめに、掃除を心がけましょう。

特に、キッチン、お風呂、トイレなどの水回りには注意が必要です。最近では、ルームクリーニングの費用を入居時に支払う場合も多いです。だからといって、掃除しなくてもいいということではないのです。また、退去時にもめないように、賃貸アパートに入居する時に、大家さんか管理会社立ち合いのもと、お部屋のキズや汚れを写真に撮っておくと良いです。

最後に

賃貸アパートとはいえ、お世話になったお部屋なので、綺麗に住んで、綺麗にして返しましょう。万が一、自分の手に負えないお掃除なら、専門業者に依頼するのも得策の1つと言えるでしょう。綺麗に掃除していれば、多少のことなら多めに見てくれる場合が多いようです。

ほっとラインでは、料金やサービス内容、口コミで業者を比較してから予約することができますので、ご自分にあった安心な店舗を探してみてください。

ハウスクリーニングを検討するなら

一度プロのハウスクリーニングをお願いしてみませんか?

すまいのほっとラインでは、口コミ内容やサービス内容、料金から
業者を簡単に探せるうえ、不明な点も直接やり取りすることができます。

  • 24時間オンライン予約できる
  • 予約前の個人情報は必要なし
  • しつこい営業電話の心配なし
  • 不明点は店舗に直接メッセージできる
※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください