更新日:2017/01/01

大掃除の順番とかありますか?

普段掃除しない場所から手を付ける

部屋で目につきやすい床やテーブルの上などは、いつもこまめに掃除しているかもしれません。しかし家具の奥や排水口といった場所は、なかなか手が付けられないことがあります。大掃除ではこのような、普段あまり掃除していない所から進めるのが有効な順番です。

たまった汚れや臭いが取り除かれれば気持ちも楽になり、大掃除に勢いがつくでしょう。片付ける過程で出たゴミは一か所にまとめ、可能ならどんどん捨ててしまうのがおすすめです。自治体によって年末年始はゴミ回収がストップする場合もあるので、事前に回収スケジュールを調べておいた方が確実です。

床と窓ガラスは一番最後に

床と窓ガラスの状態は家全体の印象を左右するため、早い段階で取りかかりたくなります。しかし大掃除では部屋中にホコリが舞うことも多いので注意が必要です。せっかく綺麗にした床や窓にホコリが付着し、もう一度磨く手間が生じてしまうかもしれません。大掃除の順番としては先に部屋の天井や隅の汚れを、しっかり落とすようにしましょう。全てが片付いた仕上げとして、床と窓ガラスを磨くのが良い方法です。

余裕を持ってスケジュールを組みましょう

大掃除といえば12月の末日、一気に行うイメージがあります。しかし汚れの気になる場所が多ければ、一日ではとても終わらないこともあります。特に厄介な水回りや換気扇については、日付を前倒しで掃除してしまえば後が楽になります。

また不用品も事前にまとめておき、ゴミに出せば大掃除の段取りがスムーズです。末日は床や窓ガラスを拭くだけの状態にしておいて、余裕を持って新年を迎えるのも賢い過ごし方です。大掃除のスケジュールや順番を考える中で、一日で無理な所が出たら早めに手を付けましょう。

最後に 【大掃除のやり残しを出さないために】

家の中の汚れは大掃除で一気に片付けるより、普段からこまめにお手入れしておくのが効率的です。とはいえ忙しさでなかなか手が回らなくて、汚れがたまる一方になってしまうケースも。大掃除でカバーする範囲が広かったリ動ける人数が少なければ、順番を工夫しても自力で終わらせるのは難しいかもしれません。

そんな時は無理に抱え込まず、ハウスクリーニングの専門業者に依頼するのがおすすめです。業者の繁忙期に気をつけながら、比較サイトなどで料金やサービスをチェックすると良いでしょう。

ほっとラインでは、料金やサービス内容、口コミで業者を比較してから予約することができますので、ご自分にあった安心な店舗を探してみてください。

ハウスクリーニングを検討するなら

一度プロのハウスクリーニングをお願いしてみませんか?

すまいのほっとラインでは、口コミ内容やサービス内容、料金から
業者を簡単に探せるうえ、不明な点も直接やり取りすることができます。

  • 24時間オンライン予約できる
  • 予約前の個人情報は必要なし
  • しつこい営業電話の心配なし
  • 不明点は店舗に直接メッセージできる
※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください