衣類のカビを防止する方法はないの?

衣替え等で綺麗に洗濯してしまっておいたけど、来年気づけばカビが生えてしまったっという経験をされた方は多いのではないでしょうか。それが、せっかくの楽しいお出かけ前だったら、その日1日台無しになってしまいますよね。カビが生えないようにするにはどうしたらいいのでしょうか?今回は、衣類のカビを防止する方法についてご紹介します。

衣類のカビを防止する方法はないの?

衣類のカビを防止するには、どうしたらいいの?

まず、衣類にカビが発生する原因について考えてみましょう。衣類に、カビの菌がついて、高温、多湿が揃うと発生します。これに、汚れなどの、カビにとってのエサが加われば、もっと繁殖します。衣類のカビを防止する方法は、カビの菌を衣類につけない、全くゼロにするのは難しいので、極力減らすことと、カビが好む環境、高温、多湿、汚れを断つことです。

衣類のカビを防止する方法(カビの菌を減らそう編)

カビの菌を減らすには、部屋やクローゼット、タンスなどを清潔に保ちましょう。1度着た衣類は、必ず洗濯してしまうとか、お部屋、クローゼット、タンスもこまめに掃除し、風通しすることも大変重要です。

また、洗濯機も定期的に掃除しないと、洗濯槽の裏側にカビが発生してしまいます。その洗濯機で洗濯すれば、カビの菌を衣類につけてしまいます。なので、定期的に洗濯槽クリーニングをしましょう。 これらの方法で、衣類につくカビの菌を防止することができます。

衣類のカビを防止する方法(カビが好む環境を断つ編)

カビにとっての好環境、高温、多湿、汚れを防止しましょう。部屋、クローゼット、タンスは、天気の良い日には風通しをしましょう。扉を開けたり、中の衣類も出して、風を当ててあげます。スーツなどをしまう時は、必ず、よく乾かしてからしまうようにしてください。

除湿剤の使用もお勧めします。また、洗濯物を干す時も、風通しをよくして、なるべく早く乾くように工夫しましょう。特に部屋干し時には注意が必要です。除湿器の使用をお勧めします。次に、洗濯機の環境ですが、洗濯機を洗濯カゴ代わりにしない、洗濯機は使わない時は、必ず空にして、フタを開けておきます。こうすることで、洗濯槽内の湿気を防止できます。

最後に

衣類のカビを防止する方法は、カビ自体をつけないことと、高温、多湿、汚れを防止することです。衣類の洗濯や風通しを良くすること、洗濯槽クリーニングなど、自分でやれることも多いですが、お部屋の徹底清掃や洗濯機の分解洗浄などは専門業者にお任せしないとできません。時には、徹底的に部屋も洗濯機も綺麗にしてもらうのも良い方法です。

ほっとラインでは、料金やサービス内容、口コミで業者を比較してから予約することができますので、ご自分にあった安心な店舗を探してみてください。

※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください

\ SNSでシェア /

その他のカテゴリー記事を見る

pvms