更新日:2017/01/01
布団にカビが生えてしまいました。取ることはできますか?

布団にカビが生えてしまいました。取ることはできますか?

布団にカビが生えてしまいました。取ることはできますか?

布団にカビってどうしてはえるの?

カビが生えるには、湿気、栄養源(汚れなど)、温度の3つが必要です。 湿度(湿気)は70%以上、温度は20~30℃でカビの活動が活発になると言われています。 人は寝ている間に汗をかきます、若い方ほど新陳代謝が活発でより多くの汗をかき、その湿った布団を敷きっぱなし(万年床)にしたり、湿気の多い押入れに長期間収納しておくと、ほぼ確実にその布団にはカビが生えます。

布団に生えたカビの対処方?

布団カバーだけに生えていたら、すぐに洗濯しましょう。 洗剤と一緒に衣料用の漂白剤を使うことで大抵のカビは退治できます。 布団にまでカビが生えていたら、まず掃除機で軽く吸い取ります。 その後漂白剤を含ませたタオルで軽くたたき、カビの色が薄くなったら固く絞ったタオルでふき取り天日干しにします。 天日干しの前に消毒用エタノールを吹き付けるのも効果的です。

カビの生えた布団はお洗濯がお勧め

ご家庭でお布団を洗濯・乾燥が出来る洗濯機をお持ちの方は多くないと思います。 そこで、便利なのがコインランドリーです。 コインランドリーには布団を丸洗いできる大型の洗濯機を設置してある所があります。 コインランドリーでカビの生えたお布団を丸洗いするときには、カビ落とし用の洗剤も一緒に使いましょう。 コインランドリーが近くにない場合は、クリーニング店にお願いする方法もあります。 数千円はすると思いますが、専用の洗剤を使って完璧に綺麗にしてもらえます。

最後に 【布団にカビが生えないようにするには?】

カビを生やさないようにするには、湿気、温度、栄養素(汚れ)を断つことです。 布団を敷きっぱなしにすると湿気が逃げずカビが発生しやすくなるので敷きっぱなしはよくないです。 敷布団を横にたてるだけでも湿気を逃がすことができます。 布団を入れっぱなしにする押し入れにはスノコを引き、除湿剤を置いたり、布団の天日干しも有効です。

ご自分でするのに、不安を感じた方は、専門の業者に依頼するのも一つの手だと思います。 ほっとラインでは、料金やサービス内容、口コミで業者を比較してから予約することができますので、ご自分にあった安心な店舗を探してみてください。

布団クリーニングを検討するなら

一度プロの布団クリーニングをお願いしてみませんか?

すまいのほっとラインでは、口コミ内容やサービス内容、料金から
業者を簡単に探せるうえ、不明な点も直接やり取りすることができます。

  • 24時間オンライン予約できる
  • 予約前の個人情報は必要なし
  • しつこい営業電話の心配なし
  • 不明点は店舗に直接メッセージできる
※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください