更新日:2017/01/01
カーペットの洗濯方法を教えて

カーペットの洗濯方法を教えて

カーペットの洗濯方法を教えて

カーペットの汚れとダニの影響

カーペットの汚れを放置すると、汚れが落ちにくくなりますし、お菓子のくずや髪の毛、フケ、アカ、皮脂などダニの大好物があり、これに高温多湿の条件が揃えば、ダニの温床になりかねません。ダニによるアレルギーなど健康面に与える影響は見逃せません。日々の掃除はもちろんですが、定期的にカーペットを洗濯して、さっぱり綺麗にすることも必要です。

カーペット洗濯の前にチェック

カーペットを洗濯する前に必ずチェックしたいことが 2つあります。まずは、お天気です。カーペットが乾くのには時間がかかります。天気予報をチェックして、晴れの日が2~3日続く時を選ぶと良いです。2つ目は、カーペットが洗濯できるか表示をチェックしましょう。洗濯不可の表示の場合は、残念ながら無理です。また、洗濯可の場合でも、目立たない所に洗剤をつけて、色落ちしないかチェックしておくと良いでしょう。

あと、自宅でカーペットを洗濯すると、脱水が甘くなりますので、非常に重いのと、ビショビショになります。2人がかりでやることと、濡れてもいい格好でやることをお勧めします。

カーペットの洗濯方法

カーペットがご自宅の洗濯機に入るサイズなら、洗濯機で洗濯できます。洗濯機に入らないサイズのカーペットの場合、浴槽を使って洗濯する方法があります。どちらの場合もまずは、掃除機をかけ、目立ったシミがあれば先に洗剤をつけて歯ブラシなどで擦って落としておきます。カーペットが洗濯機に入らないサイズなら、浴槽にお湯をはり、洗剤、酸素系漂白剤を入れて、足踏みして洗濯します。お湯の色が汚れで黒く濁ります。

色が変わらなくなるまで踏んだら、お湯を抜き、水をためて、今度は足踏みですすぎをします。水が汚れたら、水を抜きます。これを何度か繰り返し、水が綺麗になるまで続けます。水が綺麗になったら、脱水です。水を抜いて足踏みにて脱水をします。以上がカーペットの洗濯方法です。

最後に

カーペットを洗濯し、天日干しにてよく乾かす方法は、汚れはもちろん、ダニ対策にもなり大変良い方法です。しかし、濡れたカーペットは重く、運ぶ時にあたりがビショビショになりかねません。また、洗濯できないカーペットもありますし、カーペットが色むらになってしまう心配もあります。そんな場合は、安心して任せられるプロの手を借りると良いでしょう。

ほっとラインでは、料金やサービス内容、口コミで業者を比較してから予約することができますので、ご自分にあった安心な店舗を探してみてください。

フロアクリーニングを検討するなら

一度プロのフロアクリーニングをお願いしてみませんか?

すまいのほっとラインでは、口コミ内容やサービス内容、料金から
業者を簡単に探せるうえ、不明な点も直接やり取りすることができます。

  • 24時間オンライン予約できる
  • 予約前の個人情報は必要なし
  • しつこい営業電話の心配なし
  • 不明点は店舗に直接メッセージできる
※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください