更新日:2017/01/01
犬や猫の排泄物でカーペットの臭いが気になります。どうしたらいいの?

犬や猫の排泄物でカーペットの臭いが気になります。どうしたらいいの?

犬や猫の排泄物でカーペットの臭いが気になります。どうしたらいいの?

カーペットについたペットの排泄物の臭いとり~塩素系漂白剤編~

カーペットについてしまった、ペットの排泄物の臭い、まずは、塩素系漂白剤です。スプレーボトルに水500mlに対し、3~5mlの塩素系漂白剤を入れて、カーペットの臭いがする所にスプレーします。その後、水拭きします。臭いがとれるまで、繰り返します。

塩素系漂白剤は、臭いを消すのもさることながら、除菌できるので、おススメです。ただ、漂白剤ですので、カーペットを傷めてしまったり、色落ちの可能性がありますので、必ず、目立たない所で試したあとにおこなってください。

カーペットについたペットの排泄物の臭いとり~クエン酸編~

カーペットについたペットの排泄物のアンモニアの臭いなら、クエン酸です。化学反応でアンモニア(アルカリ性)をクエン酸(酸性)で消すのです。スプレーボトルに水500mlに対しクエン酸小さじ15gを溶かして、カーペットの臭いがする所にスプレーします。

ぞうきんや歯ブラシを使って、しっかり汚れと水分を取り除きましょう。クエン酸の臭いが残って気になるようなら、臭いのする所にそのまま、重曹をふりかけちゃいます。30分~1時間放置したら、あとは、掃除機で吸って終了です。

カーペットについたペットの排泄物の臭いとり~セスキ炭酸ソーダ編~ 

セスキ炭酸ソーダの場合、臭いもとりますが、それより、汚れのシミとりに効果的ですよ。スプレーボトルに水500mlに対し5gのセスキ炭酸ソーダソーダを溶かして、カーペットのペットの排泄物の臭いとシミになっている所にスプレーします。

ぞうきんを押しあてて、こすらずに、たたくように拭きます。おしっこなら、これでOKです。それでも、臭いが気になるようであれば、クエン酸を使っての臭いとりをして、仕上げるとイイです。

最後に(それでも、まだ、臭いが気になる時は…)

カーペットについたペットの排泄物の臭いとりについてご紹介してきましたが、自分でやったけど、まだ、臭いが気になる、という時は、専門業者に相談してみるのも1つの手です。

ほっとラインでは、料金やサービス内容、口コミで業者を比較してから予約することができますので、ご自分にあった安心な店舗を探してみてください。

フロアクリーニングを検討するなら

一度プロのフロアクリーニングをお願いしてみませんか?

すまいのほっとラインでは、口コミ内容やサービス内容、料金から
業者を簡単に探せるうえ、不明な点も直接やり取りすることができます。

  • 24時間オンライン予約できる
  • 予約前の個人情報は必要なし
  • しつこい営業電話の心配なし
  • 不明点は店舗に直接メッセージできる
※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください