更新日:2017/01/01
カーペットのダニ対策はどうすればいいの?

カーペットのダニ対策はどうすればいいの?

カーペットのダニ対策はどうすればいいの?

ダニが増えることによる悪影響

ダニは小さくてほとんど見えませんが、動物にくっついたり血を吸ったりする厄介な存在です。また繁殖力がとても強く、最初は50匹ほどだったダニが2~3か月で1万匹以上に増えてしまうこともあります。想像するとゾッとしてしまいますね。

部屋がダニだらけになると身体へかゆみ、咳などのアレルギー反応が現れます。そのせいで夜ぐっすり眠れず、寝不足で生活に支障が出るケースも少なくありません。特にダニが増えやすいカーペットは、こまめに掃除して対策を取りましょう。

カーペットを掃除してダニ対策!

カーペットのダニ対策で有効なのが、日常的に行える掃除です。とりわけ掃除機とスチームアイロンを使うのがおすすめです。

まずはダニのエサとなる食べかすや髪の毛、フケなどを掃除機で吸い取ります。カーペットの目を起こすように、ゆっくりかけるのがポイントです。

次にスチームアイロンを強に設定し、濡れタオルの上からカーペットに押し当ててダニを死滅させます。その際は事前にタグなどで、アイロンがけが大丈夫か確認しておきましょう。最後にもう一度掃除機をかけ、ダニの死骸を吸い取ります。ここまで行えば対策として、かなりの効果が得られます。

日ごろ気をつけるダニ対策は?

カーペットの掃除機がけは、できれば毎日行うのがおすすめです。それ以外にもダニを増やさないため、日ごろから気をつける対策はあるのでしょうか?

ダニは高温多湿の環境を好むため、熱気と湿気がこもらないよう換気が大切になります。こまめに窓を開けたり換気扇を回し、新鮮な空気と入れ替えるようにしましょう。

またお菓子などの食べかすも、ダニの大好物になります。こぼしてしまったらすぐ掃除するか、カーペットの上で物を食べないことも立派な対策です。

最後に (クリーニングでカーペットをリフレッシュ!)

さらにカーペットのダニ対策で有効なのが、丸洗いと天日干し。奥に潜みやすいダニも、丸ごと死滅させることが可能です。

とはいえ洗濯機にカーペットが入らなかったり、水洗い禁止の場合も考えられます。自分でやるのはムラが残りそうで、不安という方もいると思われます。その時は専門業者による、カーペットのクリーニングを検討しましょう。プロの手で行うクリーニングは、安心感も違います。

ほっとラインでは、料金やサービス内容、口コミで業者を比較してから予約することができますので、ご自分にあった安心な店舗を探してみてください。

フロアクリーニングを検討するなら

一度プロのフロアクリーニングをお願いしてみませんか?

すまいのほっとラインでは、口コミ内容やサービス内容、料金から
業者を簡単に探せるうえ、不明な点も直接やり取りすることができます。

  • 24時間オンライン予約できる
  • 予約前の個人情報は必要なし
  • しつこい営業電話の心配なし
  • 不明点は店舗に直接メッセージできる
※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください