床がカーペットで汗をたくさん吸い込んでいると思うのですが、どうやって掃除できますか?

床がカーペットだとくつろぎやすいですよね?普段、みんなでカーペットの上でゴロゴロくつろいでいるご家庭も多いと思います。みんなでゴロゴロしていると、カーペットも汗をたくさん吸い込んでいます。育ちざかりのお子さんがいるご家庭では、お子さんの新陳代謝が激しいので、より汗汚れがつきやすいです。 カーペットを掃除したいが、カーペットってどうやって掃除したらいいのでしょうか?

床がカーペットで汗をたくさん吸い込んでいると思うのですが、どうやって掃除できますか?

重曹でお掃除

カーペットが汗をたくさん吸い込んでいると、まず気になるのが臭いではないでしょうか?

簡単に早く臭いをとる掃除方法として、重曹を使う掃除方法があります。

カーペットに重曹を振りまき、しばらく放置してから掃除機で吸いとるのです。

汗の臭いが強い時は、放置時間を長くして、一晩放置して、翌朝掃除機で吸いとると良いでしょう。

重曹は食品にも使われるものなので、小さなお子さんやペットがいるご家庭でも安心して使えます。

臭いが強い場合は、クエン酸も使う

長いこと掃除していないとか、汗っかきさんがいて汗の臭いが強いとか、ペットがそそうしてしまった強烈な臭いには、クエン酸も使って掃除すると良いです。

スプレーボトルに水500mlに対し、クエン酸小さじ1杯を溶かして、クエン酸水を作り、カーペットにスプレーします。

臭いが強いところは念入りにスプレーしましょう。

歯ブラシを使ってしっかり汚れをとり、雑巾で水分をしっかり拭きとりましょう。

その後、重曹を振りまき、しばらく放置してから掃除機で吸いとります。

クエン酸+重曹で、汗汚れと臭いがとれ、さっぱりします。

カーペット丸洗い

最終手段は、カーペットを丸洗いして、徹底的にキレイにするという方法もあります。

カーペットを丸洗いするにはいくつかの確認事項があります。

まずは天気を確認しておきましょう。

カーペットが乾くには時間がかかるので、2~3日晴れが続く時にしましょう。

また、カーペットが洗濯できるものか表示を確認しましょう。

念のため、色落ちしないか目立たないところに洗剤をつけ擦ってみましょう。

カーペットのサイズが洗濯機で洗濯できるサイズなら洗濯機で洗濯します。

洗濯機で洗濯できないサイズなら、浴槽で足踏みをして洗濯するのですが、この場合、洗い、すすぎ、脱水を全て足踏みでやらなくてはいけないので大変です。

さらに、水を含んだカーペットは大変重いので、物干し場に運ぶのが大変です。

2人がかりで、濡れてもいいような格好でやりましょう。

最後に【定期的にカーペットもクリーニング】

カーペットの汗汚れを掃除する方法として、重曹やクエン酸を使う方法はお手軽ですが、徹底的な掃除にはなりません。

また、カーペットの丸洗いは、かなり重労働です。

定期的にカーペットをクリーニングに出すという方法が最善策かもしれません。

ほっとラインでは、料金、サービス内容、口コミで業者を比較してから予約することができますので、ご自分に合った安心な店舗を探してみてください。

※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください

\ SNSでシェア /

同じカテゴリの関連記事

その他のカテゴリー記事を見る

pvms