カーペットの掃除機のかけ方を教えて!!

カーペットは、フローリングなどと比べるとゴミやほこりが溜まりやすいですよね。 ちゃんと掃除機をかけているつもりなのに、なかなか綺麗にならないなんてことありませんか? 実はそれは、掃除機のかけ方を間違えているからかもしれません。ただ掃除機をかけるだけではなく、きちんと綺麗にするためのかけ方を覚えておきましょう。

カーペットの掃除機のかけ方を教えて!!

掃除機をかけるときの姿勢に気をつける

意外にも大切なのが、掃除機をかけるときの姿勢です。

カーペットの奥のゴミもしっかり取ろうと思うあまり、腰を曲げた前かがみの姿勢になっていたりしませんか?

グイグイと押し付ければゴミが取れるというわけではありません。

掃除機の機能を十分に発揮させるためにも、力を抜いて背中を伸ばしましょう。

掃除機の吸引力を手元で実感することができれば、無駄な力はいりません。

ゆっくりとかけること

掃除機は、素早くかけるよりもゆっくりかけたほうがゴミが取れやすくなります。

早く終わらせたいと思うあまり素早くかけたとしても、カーペットのゴミが取れにくくなる可能性があるということです。

効率良く掃除するには、焦らずにゆっくりとかけましょう。

いつもよりも少しスピードダウンさせるだけで、仕上がりは全く違うものになるはずです。

付属のノズルをうまく活用してみよう

掃除機のノズルといえばT字が一般的ですが、それ以外にもブラシなどのノズルが付属していることが多いと思います。

いつも通り掃除機をかけるだけではなく、それらのノズルもカーペットの形状によって使い分けると良いでしょう。

毛足の長いカーペットの場合は、事前にブラシで毛に逆らうようにかけると奥のゴミも取れやすくなります。

最後に【カーペットに合ったかけ方を心がけよう】

カーペットと一口に言っても、その形状は物によって様々です。

毛足が長いか短いか、硬い材質か柔らかい材質かによっても違います。

まずはカーペットの基本のかけ方を身につけ、状況に合わせて一工夫してみましょう。

自分での掃除に限界を感じたら、プロの業者に依頼するのも一つのてですね。

ほっとラインでは、料金やサービス内容、口コミで業者を比較してから予約することができますので、ご自分にあった安心な店舗を探してみてください。

※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください

\ SNSでシェア /

pvms