子供がカーペットでハイハイすると、ホコリが舞うのが気になるんですがどうしたらいいの?

赤ちゃんが生まれると、空気や床の汚れが今まで以上に気にはなりますよね。フローリングならすぐゴミや汚れが見えますが、カーペットではなかなか分からないものですよね。カーペットには繊維の奥までホコリが溜まっています。床との距離が一番近い赤ちゃんをホコリから守るには、どうしたらいいのでしょうか?

子供がカーペットでハイハイすると、ホコリが舞うのが気になるんですがどうしたらいいの?

正しい掃除機の掛け方

皆さんはカーペットに掃除機をかける時、どうやっていますか?奥のゴミまで吸い取るために、押しつけながらやっていませんか?実はこれ、逆効果なんです。掃除機のヘッドにはスクリュー状にブラシが付いていますよね。

この部分でゴミをかき出すので、力を入れると回転しづらくなってしまいます。  カーペットは逆毛を立てるように意識して、力をかけずにゆっくりとかけるのが正解です。

ホコリをごっそり取る方法

掃除機をかける前に、手でホコリをあらかじめ集めておきましょう。ゴム手袋を用意すれば、面白いほど簡単にホコリをかき集められます。優しく円を描くように撫でれば、ゴムの摩擦で静電気が発生し、ホコリが続々と出てきます。ゴム手袋がなければ、亀の子たわしでも大丈夫です。はじめに毛並みに逆らうように撫でたら、元の毛並みに戻すよう撫でるだけです。

これでごっそりホコリとゴミが出てきます。ペットがいるご家庭なら試してみる価値は、あると思います。

カーペットにコロコロはNG!

普段コロコロを兼用している方もいると思いますが、カーペットの繊維ばかりくっついて、肝心のゴミはあまりくっついてこないと思いませんか?カーペットをコロコロすると、すぐ粘着力がなくなるので何度も何度も剥がして、あっという間に使い切ってしまいますよね。これでは経済的にもよろしくないですし、繊維を痛めるのでオススメしません。使うのであればカーペット専用のコロコロやブラシがありますので、そちらを使いましょう。

最後に【 よりしっかりとホコリを取りたいときは 】

毛が長いものや、使用期間が長いカーペットには重曹がオススメです。重曹をふりかけて、まんべんなく全体に擦りこんだら1時間ほどおき、掃除機で吸い取りましょう。重曹が汚れや湿気を吸い取り、消臭効果もあります。赤ちゃんがハイハイするので、使用する重曹は必ず食品用にしましょう。

ご自分の掃除だけでは、ホコリが気になるとお思いの方は、配達可能なクリーニング業社がありますので、試してみるのも一つの手ですよ。

価格やサービスを比較できるサイトがございますのでご活用下さい。

※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください

\ SNSでシェア /

pvms