更新日:2017/01/01

年末の大掃除の床の掃除方法を教えて

まずは床の上の物を動かすか捨てる!

年末の大掃除なら、床の隅から隅まで綺麗にしたいですね。普段なかなか着手できない家具の下や、家電の裏を掃除するにはまずそれらを動かす必要があります。家電の機能に支障がなければコンセントを外し、部屋の外へどんどん運び出してしまいましょう。その際は家電や家具にたまったホコリも、雑巾で拭き取っておくのが大切。部屋に戻した時、残ったホコリで床を汚さないためです。

移動させる中で不要に感じた物は、大掃除の機会に捨ててしまうのもポイント。思い出があっても結局使わないような物は、デジカメで撮って画像データを残せば捨てやすくなります。

床のホコリと汚れを取り除く手順

床にたまったホコリを取り除く手順は掃除機、水拭き、乾燥と進めるのが一般的です。畳の場合は濡らしすぎないようにし、フローリング床なら最後にワックスがけするなど、材質によって方法は少し変わってきます。掃除機の機種によってはホコリが舞い上がりやすいので、先に紙ワイパーなどで乾拭きするのがおすすめ。丁寧に進めたい年末の大掃除では、このひと手間が大切になるかもしれません。

床の汚れは通常、水拭きで落とせます。油汚れなど頑固なものは、中性洗剤を含ませた雑巾で拭けば落ちやすいでしょう。水拭きの後は窓を開けるなど、空気の流れを良くして乾燥させます。

仕上げに消臭や害虫対策も

床の隅を掃除すると失くしたと思っていた物が見つかるなど、意外な発見があるのも大掃除の醍醐味です。中には虫の死骸といった嬉しくない発見も珍しくありませんが、それを取り除く良い機会とも言えるでしょう。ホコリと汚れをきれいにしたら、部屋に家電や家具を戻して終了。

同時に配置を変えるなど工夫すれば、生活がより快適になります。床に消臭剤やゴキブリ駆除剤を置くのも有効です。年末の貴重な大掃除に合わせて、消臭や害虫対策を取るのは賢い方法です。

最後に【業者へ依頼するなら早めのタイミングで】

大掃除では床の他にも水回りや換気扇など、きれいにすべき箇所が沢山あります。場合によっては床まで充分に掃除できないという可能性もあります。 年末のスケジュールや動ける人員を考えて、床の掃除が無理ならハウスクリーニングの業者に頼むのも効果的。とはいえ業者も年末は繁忙期だったり、休みになっていることもあります。依頼する際は余裕をもって、早めのタイミングで動きましょう。

ほっとラインでは、料金やサービス内容、口コミで業者を比較してから予約することができますので、ご自分にあった安心な店舗を探してみてください。

フロアクリーニングを検討するなら

一度プロのフロアクリーニングをお願いしてみませんか?

すまいのほっとラインでは、口コミ内容やサービス内容、料金から
業者を簡単に探せるうえ、不明な点も直接やり取りすることができます。

  • 24時間オンライン予約できる
  • 予約前の個人情報は必要なし
  • しつこい営業電話の心配なし
  • 不明点は店舗に直接メッセージできる
※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください