換気扇のプロペラは外すことができますか?

料理や部屋の臭いや煙、湿気を吸い出し、新鮮な空気と入れ替えてくれる大事な役割を果たしている換気扇ですが、意外と忘れ去られて、長いこと掃除していないというお宅も多いのではないでしょうか?換気扇を掃除すると、プロペラの動きが良くなるばかりか、節電のメリットも期待できます。換気扇の掃除で難問は、プロペラを外すことだと思います。今回は、換気扇のプロペラの外し方についてご紹介します。

換気扇のプロペラは外すことができますか?

換気扇のプロペラは外せるの?

換気扇は、台所、居室、風呂、トイレといろいろな所についています。換気扇の種類によって、プロペラタイプのものと、シロッコファンのものがあります。プロペラタイプの換気扇の場合、大抵外すことができます。シロッコファンの場合、外すことができないタイプもあります。

いずれの場合も、まずは、取扱説明書にてご確認ください。無理にやると、故障の原因にもなりますので、必ず取扱説明書にて確認してください。

換気扇のプロペラの外し方

換気扇の掃除をする時は、危険防止のため、必ず電源コードを抜き、ゴム手袋を着用しましょう。換気扇のプロペラを外すには、まず、換気扇のカバー、フィルターを外します。これらは、手前に引けば、簡単に外すことができるはずです。

外れない時は、取扱説明書を確認してみてください。換気扇のプロペラは、大抵の場合、左に回すと外すことができます。羽に「ゆるむ」と表示があると思いますので確認してください。確認できない場合は、取扱説明書をご覧になってください。

換気扇のプロペラが外れない時はどうすればいいの?

換気扇のプロペラが取扱説明書では、外すことができると記載されているのに、外すことができない場合は、油汚れなどで、くっついてしまっている可能性があります。このような時は、換気扇の下に新聞紙を敷いて、プロペラの中心部分に5~10分程度ドライヤーの熱風を当てると、油が解けてプロペラが外しやすくなります。

プロペラを外したら、重曹やセスキ炭酸ソーダを入れたお湯につけ置きすると簡単に汚れが落とせます。洗い終わったプロペラは、よく乾かしてから取り付けてください。濡れたままの取り付けは、故障の原因になります。

最後に

換気扇のプロペラを外して掃除をすれば、換気扇が綺麗になり、また、動きが良くなるので、節電にも貢献します。とはいえ、機械ものは自信がないとか、パーツを外している時に壊してしまったら、元も子もありません。無理をせず、ハウスクリーニング業者に依頼するのも賢い選択肢でしょう。

ほっとラインでは、料金やサービス内容、口コミで業者を比較してから予約することができますので、ご自分にあった安心な店舗を探してみてください。

※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください

\ SNSでシェア /