換気扇の外し方と掃除の方法を教えて!

家の中には、キッチンやトイレなどいくつかの換気扇がついていますね。キッチンの換気扇を外すには、カバーとフィルターを外し、中のファンを取り出します。シロッコファンでも戸惑わない、換気扇の外し方と掃除方法(セスキ炭酸ソーダを使った簡単術)を教えます!

更新日:2018/01/18
 
換気扇の外し方と掃除の方法を教えて!

料理をする時や入浴後には必ずつけるのが換気扇ですよね。
毎日つかう換気扇だからふと気づく事がありませんか。

「換気扇の吸い込みが弱くなった気がする」
「換気扇の音が前より大きくなった気がする」

これらは、換気扇からの黄信号です。換気扇の中は油でギトギトだったりします。
でも、換気扇の外し方がわからなかったり、掃除が、難しそうと思ったりしませんか。

そこで今回は、換気扇の外し方と掃除の方法をご紹介します。

換気扇の外し方~プロペラ編~

換気扇というと、台所だけを考えがちですが、他にもトイレ、お風呂などあります。
今回は、1番油汚れがつきやすいレンジフードを例にご紹介します。

換気扇のタイプは、プロペラファンとシロッコファンの2種類があります。

まずは、プロペラファンタイプの換気扇の外し方です。

手順1. コンセントを抜く

取扱説明書を用意し、換気扇の電源コードを抜くか、換気扇のブレーカーを切ってください。ゴム手袋を着用しましょう。

手順2. カバーとフィルターを外す

カバーやフィルターを外します。大抵、手前に引くと外せますが、わからない場合は、取扱説明書を見てください。

手順3. プロペラファンを外す

プロペラは、ねじ式になっているので、「ゆるむ」と書いてある方向に回すとゆるみます。回しきったら手前に引っ張ってください。

プロペラが回らないとか外れない時は、油汚れが固まってしまっています。
プロペラの真ん中を中心にドライヤーを5~10分程度当ててください。

それでもダメなら、掃除洗剤をプロペラ中心部にかけて、
1~2時間放置してから外してみて下さい。

換気扇の外し方~シロッコファン編~

手順1. コンセントを抜く

取扱説明書を用意し、換気扇の電源コードを抜くか、換気扇のブレーカーを切ってください。ゴム手袋を着用しましょう。

手順2. カバーとフィルターを外す

カバーやフィルターを外します。大抵、手前に引くと外せますが、わからない場合は、取扱説明書を見てください。

手順3. シロッコファンを取り出す

換気扇のカバー、フィルターを外したら、中に筒状のもの(ドラム)があるという場合がシロッコファンです。外側のリンク状のネジがある場合はネジを外します。ない場合はそのままで大丈夫です。シロッコファン(ドラム部分)が回らないように外側に手で押さえて、ファンの中心にあるツマミを「ゆるむ」の方向に回してください。

シロッコファンタイプには外せないものもあります。
必ず取扱説明書で確認してください。

換気扇の掃除の方法

まずは外した部品を洗浄します。外した換気扇のカバー、フィルター、プロペラかシロッコファンはシンクにお湯(60℃~80℃)をはり、その中に入れます。

セスキ炭酸ソーダをお湯1リットルに大さじ2杯を溶かして1~2時間放置します。
その後、スポンジや細かい部分は使い古しの歯ブラシを使ってこすり洗いしてください。

油汚れを落とすには、お湯とセスキ炭酸ソーダが有効です。

セスキ炭酸ソーダ水の作り方は、スプレーボトルに水500mlに対して
大さじ1杯のセスキ炭酸ソーダを溶かします。

換気扇のレンジフード外側や内側にセスキ炭酸ソーダ水をスプレーして、
キレイに拭き掃除しましょう。洗った部品はよく乾燥させてから取り付けてください。

自分でやるのは不安という場合は

換気扇の外し方と掃除の方法をご紹介しましたが、
自分でやるのは自信がないという方や、なかなか時間がとれない方は
専門業者に依頼してみると良いでしょう。

プロのお掃除で換気扇の隅々までキレイにしてもらえます。

ほっとラインでは、料金やサービス内容、口コミで業者を
比較してから予約することができます。

ご自分にあった安心な店舗を探してみてください。

※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください

\ SNSでシェア /

その他のカテゴリー記事を見る

pvms