もうお風呂の床の黒ずみは怖くない!簡単に落とせる方法まとめました!

お風呂の黒ずみ、困っていませんか?何から試したらいいのかわからない!という方も、いくつか方法を試してみたけど、なんだかスッキリしていない…という方も、これを読めばお風呂の黒ずみを簡単に落とせるかも。試してみる価値ありのお風呂の黒ずみ撃退法教えます!

もうお風呂の床の黒ずみは怖くない!簡単に落とせる方法まとめました!

お風呂の浴槽は毎日しっかり掃除していれば、なかなかカビは生えませんが、お風呂のはいつの間にか、黒ずんでいませんか?

これはカビに違いない!と思い塩素系のカビ取り剤で落とそうとしても、塩素系のカビ取り剤を床一面にスプレーするのも面倒ですよね。お風呂の床はアルカリ性の洗剤で掃除するのが正解なんです。お風呂の床の黒ずみ原因は、石鹸カスや皮脂汚れといった酸性の汚れです。そのためアルカリ性の洗剤で掃除すると、汚れを落とせますよ。

今回はお風呂の黒ずみをキレイにする方法をまとめてみました。ご自宅にある物でも簡単に掃除するできるので、お風呂の床の汚れに合わせて、掃除しやすい方法を選んで試してみてくださいね。

お風呂の床の黒ずみの原因はカビだけじゃなかった!

お風呂の床の黒ずみの原因はカビだけじゃなかった!

頑張ってこすっても落ちないのが、お風呂の床の黒ずみですよね。この黒ずみはカビだけが原因ではありません。そのため塩素系のカビ取り剤では落とせない、黒ずみがあるんです。カビはお風呂の椅子のゴム部分や、パッキンなどに発生することが多く、お風呂の床の黒ずみの原因は、カビだけではないと考えられます。

お風呂の床が黒ずみの原因は、皮脂の汚れや石鹸カスといった酸性の汚れです。お風呂場で石鹸を使って身体を洗ったり、シャンプーで頭を洗ったりすることで、皮脂や垢などの汚れが床に付着します。それらが蓄積することで頑固な黒ずみになっていくのです。

もう一つの原因は、お風呂の蛇口から出る水分が蒸発することで、に含まれるカルシウムやマグネシウムなどが固まり白っぽい汚れになる水垢です。水垢はアルカリ性の汚れで、水垢に酸性汚れの皮脂の汚れや、石鹸カスが混ざり合い頑固な黒ずみになります。

例えるならこんな感じかな~!
カビ+石鹸カス+皮脂汚れ+水垢=お風呂の床の黒ずみ

お風呂のカビの取り方と予防方法大公開【天井、パッキン、エプロン】
あわせて読みたい
お風呂のカビの取り方と予防方法大公開【天井、パッキン、エプロン】
リンク(新しいタブで開きます)

汚れにあわせて洗剤を変えながら掃除する

汚れにあわせて洗剤を変えながら掃除する

床の汚れはカビ・酸性の汚れ・アルカリ性の汚れが混ざっています。汚れの種類に合わせて掃除をしないと、黒ずみは落とせません。3種類紹介します。

1.カビ

塩素系のカビ取り剤でカビを落とします。塩素系のカビ取り剤を使用する際は、他の洗剤と一緒の使用は避けましょう。酸性の洗剤や製品や食酢やアルコールと混ざると有毒ガスを発生させて危険なため、使用には注意が必要です。

2.酸性の汚れ

皮脂の汚れや石鹸カスといった酸性の汚れには、アルカリ性の洗剤で汚れを落とします。

浴槽の湯垢にはダントツ「重曹」が効果的!重曹でお風呂を丸洗い!
あわせて読みたい
浴槽の湯垢にはダントツ「重曹」が効果的!重曹でお風呂を丸洗い!
リンク(新しいタブで開きます)

3.アルカリ性の汚れ

水垢のアルカリ性汚れは、酸性の洗剤で汚れを落とします。

これはハマる!お風呂の水垢が1晩で消える「クエン酸つけおき掃除術」
あわせて読みたい
これはハマる!お風呂の水垢が1晩で消える「クエン酸つけおき掃除術」
リンク(新しいタブで開きます)

重曹とクエン酸を使ったナチュラル洗剤での掃除方

ナチュラル洗剤
用意するもの
  • ゴム手袋
  • クエン酸または、お酢
  • 重曹
  • スポンジまたは、古歯ブラシ
  • キッチンペーパーまたは、サランラップ
  • 空のスプレーボトル

お風呂の床の黒ずみの原因は、皮脂の汚れや石鹸カスといった酸性の汚れなので、アルカリ性の洗剤を使うとよく落ちます。重曹は弱アルカリ性のため、掃除にはピッタリです。今回はより汚れを落とすために酸性のクエン酸との、化学反応を活用した方法を紹介します。

手順1. 重曹をまく

お風呂の床の汚れている部分に重曹をまく。

手順2. クエン酸水かお酢をかける

クエン酸水は空のスプレーボトルに水100mlとクエン酸を小さじ1/2杯混ぜ完成です。重曹にお酢やクエン酸水をかけると化学反応が起こり、ガスが発生します。重曹とクエン酸の粉末をまいて、少し水をかける方法でもOKです。あらかじめ床を水で濡らして、重曹とクエン酸の粉末をまく方法もおすすめです。

手順3. キッチンペーパーかサランラップを上から貼る

化学反応を起こしている部分が空気に触れないよう、しっかり覆い20~30分程度放置する。頑固な汚れの場合は1時間程度放置しておくとよいでしょう。

手順4. スポンジでこする

キッチンペーパーやサランラップを外してスポンジや、古歯ブラシでこすり、シャワーで洗い流して完了。

シール剥がしスプレーで掃除する方法

シール剥がしスプレーで掃除する方法
用意するもの
  • シール剥がしスプレー(100円均一で購入できます)
  • スポンジ

重曹とクエン酸を一緒に使えば、頑固な黒ずみも簡単に落とせますよ。続いて100円均一で購入できるシール剥がしスプレーを使った方法を紹介します。

手順1. 換気する

シール剥がしスプレーの臭いがするので、窓を開けるか換気扇を回します。

手順2. スプレーする

床の汚れている場所にシール剥がしスプレーを吹き付け5~15分程度放置します。

手順3. スポンジでこする

スポンジでこすり洗いをし、最後にシャワーで流して完了。

放置する時間が短く、汚れを落とす時に力もほとんどいらないのが嬉しいポイントです。広範囲を掃除する時にはそれなりの量が必要になりますがちょっと気になる汚れを「すぐに落としたい!」という時にはオススメの方法です。

お風呂用洗剤ではないけど、使える洗剤の掃除方法

サンポール

お風呂用洗剤ではないけど、お風呂の黒ずみを落とすのに使える洗剤があります。3つの方法を紹介します。

1.キッチンの油汚れ用の洗剤

台所掃除用として常備しているご家庭も多いので、持っていれば実践してみてくださいね。

用意するもの
  • キッチンの油汚れ用の洗剤
  • サランラップまたは、キッチンペーパ
  • スポンジ

手順1. 洗剤を吹きかける

お風呂の床全体に洗剤をスプレーし、サランラップやキッチンペーパーで覆って30分程度放置する。

手順2. スポンジで洗う

スポンジでこすり洗いをし、最後にシャワーで流して完了。

2.重曹

2つ目の方法は、重曹を使う方法です。

用意するもの
  • 重曹(粉末)
  • スポンジ

手順1. 重曹をまく

汚れている箇所に重曹をまいて、2時間程放置する。

手順2. スポンジで洗う

スポンジでこすり洗いをし、最後にシャワーで流して完了。

このキッチンの油汚れ用の洗剤を使った掃除方法や、重曹だけを使った掃除方法は汚れによっては、落ちない場合もあるようです。洗浄力が弱いようです。家に「油汚れ用の洗剤や重曹だけならある!」という場合には試してみる価値ありです。汚れが落ちない場合には追加の洗剤を買いにいきましょう。

3.サンポール

ここまで紹介した方法で、どうしても汚れが落ちない時にはサンポールを使うのもひとつの方法です。サンポールは言わずと知れたトイレ掃除用の強力な酸性洗剤です。お風呂の床の素材によっては、サンポールを使うと、傷んでしまう可能性もあるので使うかどうかは、お風呂の床の目立たない場所で、少量試してみてからにしましょう。

用意するもの
  • サンポール
  • サランラップ
  • スポンジ

手順1. サンポールをかける

お風呂の床の黒ずみにサンポールをかける。

手順2. サランラップを上から貼る

サランラップで覆い15分程放置します。あまり長時間放置すると床を傷めるリスクもあります。

手順3. スポンジで洗う

スポンジでこすり洗いをし、最後にシャワーで流して完了。

サンポールを使った方法は強力ですが、あくまでも最後の手段として考えておきましょうね。

お風呂の汚れを予防する方法

お風呂の汚れを予防する方法

気になっていた、お風呂の床の黒ずみをキレイにすると、気持ちよくバスタイムを過ごせますね。しかし、毎日お風呂を使っていれば、黒ずみの原因となる皮脂汚れや石鹸カスはまた床についてしまいます。キレイな状態を長くキープするための方法を紹介します。

お風呂の床の黒ずみの原因は、皮脂汚れや石鹸カスです。それらを除去しておけば、黒ずみもできにくくなるはずです。そのためお風呂に入った後は、40~45度のシャワーで床を洗い流しましょう。皮脂汚れや石鹸カスは、熱いお湯で落とせるためです。洗い物をする時も水よりは、お湯を使った方が汚れも落ちやすいですよね。お風呂に入った後は汚れが浮き上がっているので、落としやすいのもポイントです。

お風呂掃除をこまめにするのも、汚れを予防する方法です。汚れは蓄積すると頑固になり、落とすのも大変になります。そのため汚れを溜めなようにできれば、毎日掃除するのがオススメです。

お風呂掃除は【水垢】と【湯垢】の両方を落とすことがカギだったお話
あわせて読みたい
お風呂掃除は【水垢】と【湯垢】の両方を落とすことがカギだったお話
リンク(新しいタブで開きます)

毎日やろう!簡単なお風呂の掃除方法

シャワー

キレイなお風呂の状態をキープするには、こまめな掃除が1番です。お風呂は使った後に汚れるため、入浴後に簡単に掃除しましょう。入浴後は汚れが浮き上がっているため、汚れも落ちやすいですよ。さらに裸のため濡れるのも気になりませんし、最後に浴室の水分を拭き取ればカビ予防にもなります。具体的な手順を紹介していきますね。

手順1. 熱めのシャワーで洗い流す

熱めのシャワーで、皮脂汚れや石鹸カスを洗い流す。床だけでなく石鹸カスが付着していそうな壁なども流す。

手順2. 冷たいシャワーで床を流す

冷たいシャワーで浴室内の温度を下げ、カビが繁殖しにくい環境にする。

手順3. 浴室内の水分を拭き取る

大きめのマイクロファイバークロスやバスタオルなどで、水滴を拭き取っておきます。湿気をなくすことでカビ対策になり、水垢の予防になります。最後に換気扇を回して完了。

毎日の入浴後の掃除はこのくらいで十分です。ちょっと大変そうだなと感じる方は、熱いシャワーで皮脂汚れや石鹸カスなどを洗い流し、スクイージーで水分を切っておくだけでも効果があります。少しずつ毎日の習慣に、取り入れていければいいですね。

まとめ

お風呂の黒ずみは、皮脂汚れや石鹸カスといった酸性の汚れが原因です。そのためアルカリ性の重曹にクエン酸を組み合わせた方法や、シール剥がしスプレーを使う方法などで黒ずみを落とせます。しかし、長年蓄積したお風呂の床の黒ずみは、なかなかキレイにできないかもしれません。そんな時には専門のクリーニング業者に依頼しましょう。業務用の洗剤や掃除道具などで、お風呂を隅々までキレイにしてもらえますよ。一度キレイになったらその後のお掃除も楽らくです。お風呂の床の黒ずみをキレイにして、楽しいバスタイムを過ごしてくださいね。

お風呂クリーニング業者を探す時は、ほっとラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください

\ SNSでシェア /

その他のカテゴリー記事を見る

pvms