お風呂のカビの取り方と予防方法大公開【天井、パッキン、エプロン】

おお風呂のカビに悩まされた経験ってありませんか?一言で「お風呂のカビ」と言っても、ドアやパッキン、天井など色々な所に生えます。カビの場所やカビの度合いで、カビの掃除方法を変えてみましょう。今すぐ試してみる価値あり!の情報をたっぷりご紹介します。

お風呂のカビの取り方と予防方法大公開【天井、パッキン、エプロン】

毎日お風呂掃除をしているのに「またカビ生えてる…もう嫌だ!」とお風呂のカビ対策にうんざりしていませんか?お風呂のカビはドア・パッキン・天井・タイルと色々なところに生える厄介者ですよよね。

この記事では、お風呂のカビの取り方と、カビ予防の方法をたっぷりと紹介します。参考にして、ピカピカでキレイなのお風呂を手に入れましょう。

お風呂掃除は【水垢】と【湯垢】の両方を落とすことがカギだったお話
あわせて読みたい
お風呂掃除は【水垢】と【湯垢】の両方を落とすことがカギだったお話
リンク(新しいタブで開きます)

お風呂にカビが生える4つの理由

お風呂にカビが生える4つの理由

お風呂には、カビが生える4つの条件が揃っています。4つを紹介します。

  • 温度…20~30℃
  • 湿度…65%~90%以上で黒カビになる
  • 栄養…皮脂や髪の毛、水垢、石鹸カスなど
  • 酵素…カビ菌が活性化します

つまり、この条件をクリアできない環境にしてしまえば、お風呂にカビが生えるのを防げます。

お風呂のカビを取る3つのコツ

お風呂のカビを取る3つのコツ

お風呂のカビのを取るコツを3つご紹介します。

1.カビを取る前に掃除

お風呂のカビ取りをする前に、まずカビ以外の汚れを落とすことポイントです。石鹸カスや皮脂汚れなどを、先に取っておくとカビ取り効果が増します。

お風呂掃除について、詳しくまとめた記事がありますので参考にして下さいね、

お風呂掃除は【水垢】と【湯垢】の両方を落とすことがカギだったお話
あわせて読みたい
お風呂掃除は【水垢】と【湯垢】の両方を落とすことがカギだったお話
リンク(新しいタブで開きます)

2.力任せに擦らない

カビは擦ると表面にある部分は取り除けますが、すき間の中にはカビの根っこが残っています。栄養が届けば、また根っこを伸ばしてカビとして成長してしまうというわけです。

野菜なら「何度も収穫できてうれしい!」となりますが、カビの場合は何度も何度も出てきてほしくないですよね。先ほど、お風呂の掃除から先にしましょうと言いましたが、その時に浴室用洗剤とブラシを使ってカビも一緒にゴシゴシ!はNGです!

3.カビの弱点

カビの多くは熱に弱く、に触れるとタンパク質の構造が崩れて死滅する性質を持っています。どのくらいの熱が効果的かというと、50℃熱湯90秒間死滅させられるんです。予防の際には50℃熱湯5秒間かけるだけ。

カビ中には、熱いもに強い種類のカビもいるので、全てのカビを死滅させられるわけではありませんが、それでも定期的にシャワーで死滅させておくだけで、本格的な掃除の回数は、ぐっと減らせますよ!

カビ取り剤の効果をアップさせるポイント

カビ取り剤の効果をアップさせるポイント
  • こまるちゃん
    こまる

    TVやドラッグストアでよく見る「カビ取り剤」そのまま使うより、もっと効果的な方法ってない?ほっとくん、教えて!


  • ほっとくん

    もちろんあるよ♪キッチンでよく使うラップを使えば、カビ取り剤を中まで浸透させられるんだ。

用意するもの
  • カビキラー
  • 手袋
  • マスク
  • メガネ
  • ラップ

手順1. 浴室の換気をし、保護する

窓を開けたり、換気扇のスイッチを入れて換気する。手袋、メガネ、マスクなどで装着し保護する。

手順2. 換気をしてカビ取り剤をかける

カビ取り剤は効果を高めるために、浴室が乾いた状態で使う。。カビ取り剤を吹きかけて、ラップでパックする。10分~30分ほど放置する。
※【注意点】目より高い位置に使用しない。他の洗剤と混ぜない。の2点を注意しましょう。

手順3. 洗い流す

ラップを外し、シャワーでしっかり洗い流して完了。

放置する時間は、カビの繁殖具合で変えてみてみましょう。小さいお子様やペットがいる場合は、使い方には十分注意しましょう。

「重曹」と「クエン酸」でお風呂のカビを取る方法

「重曹」と「クエン酸」でお風呂のカビを取る方法
  • こまるちゃん
    こまる

    塩素系はできたら使いたくないなぁ。他にお風呂のカビに効く掃除方法があったら教えて♪


  • ほっとくん

    了解!「重曹」と「クエン酸」をダブルで使う掃除方法があるから紹介するね♪

用意するもの
  • 重曹
  • クエン酸
  • 空のスプレーボトル
  • スポンジ

手順1. 換気をして、重曹ペーストを塗る

必ず換気をして、カビの気になる部分に重曹ペーストを塗る。重曹ペーストの作り方重曹3に対して水の量を1の割合で混ぜるだけで完成します。

手順2. クエン酸スプレーをかける

重曹ペーストを塗った箇所に、クエン酸をスプレーを吹き付けます。クエン酸スプレーの作り方:空のスプレーボトルに40℃程度お湯200mlにクエン酸粉小さじ1を入れよく振ったら完成します。

クエン酸水を吹きかけると、アルカリ性の重曹と酸性のクエン酸が化学反応して、しゅわしゅわとガスが発生します。しゅわしゅわと出る泡の正体は、体には無害な二酸化炭素なので安心してくださいね。

手順3. 15分程待って洗い流す

15分後ガスの発生が収まったころで、スポンジで優しく擦ってからシャワーで流せば完了です。

お風呂のカビに片栗粉が使える

呂のカビに片栗粉が使える
  • こまるちゃん
    こまる

    お風呂のカビ取りに片栗粉???一体何のために使うの?


  • ほっとくん

    流れやすい洗剤を、片栗粉のとろみ効果で密着させる為に使うよ。

用意するもの
  • 塩素系漂白剤(キッチンハイターなど)
  • 片栗粉
  • 手袋

手順1.材料を練る

塩素系漂白剤大さじ1と片栗粉大さじ1を混ぜて、しっかり練る

手順2. カビに塗り付けて5分放置する

カビに塗り付けて5分程放置する。
※塩素系漂白剤はゴムを劣化させる為、長時間放置しないようにする。

手順3.水で洗い流す

水でしっかり洗い流して完了です。お湯を使うと、片栗粉が白く残ってしまうので注意して下さい。

「酵素系漂白剤」と「重曹」でもお風呂のカビは取れる

「酵素系漂白剤」と「重曹」でもお風呂のカビは取れる

コストコで大人気の酵素系漂白剤も、お風呂のカビ取りに効果的です。酸素系漂白剤の主成分は、弱アルカリ性の過炭酸ナトリウムです。水に溶けると酸素と水炭酸ソーダに分解され、できた活性酸素が細菌の細胞膜を破壊して殺菌漂白をします。

そして、時間とともに酵素に変化する環境にも人にも優しい成分なんです。だから温泉や入浴剤にも使用されているんですね。この酵素系漂白剤を使ったお風呂のカビ取り方法をご紹介しますね。

用意するもの
  • 酵素系漂白剤
  • 重曹
  • ラップ

手順1.カビ取りペーストを作る

酵素系漂白剤1:重曹1:ぬるま湯0.5を混ぜてペースト状にします。お湯の温度は40℃前後がおすすめです。

手順2. カビを取りたい場所に塗る

ペーストをカビを取りたい場所に、塗りラップでパックする。タイルの目地にはヘラを使うとしっかり塗れます。

手順3. 2~3時間放置して、洗い流す

2~3時間放置し水道水で流して完了。頑固なカビの場合は、放置時間を長くしてみて下さい。

お風呂の天井・パッキンのカビを取るお助けアイテム

お風呂の天井・パッキンのカビを取るお助けアイテム

お風呂の天井やパッキンとなると掃除がやりにくい分、カビが生えやすくカビも頑固で頭を悩ませますよね。ここで特に悩むその2箇所について、カビを取るお助けアイテムと掃除の方法について紹介します

お風呂の天井のカビは、クイックルワイパーで掃除

用意するもの
  • 市販のカビ取り剤
  • クイックルワイパー
  • 手袋
  • マスク
  • メガネ

手順1.クイックルワイパーにカビ取り剤を付ける

クイックルワイパーにドライタイプのシートを装着し、カビ取り剤をつます。

手順2. 天井に塗って10~15分置く

クイックルワイパーを強く天井に押し付けて、カビ取り剤を塗り10~15分放置します。

手順3. 水ぶきをする

クイックルワイパーに水で濡らしたドライタイプのシートをつけて拭き取って完了です。

この方法なら、高い天井も楽に拭き取れます。袋、マスク、メガネは自分の体を守るために必ずつけて掃除しましょう。またカビ取り剤ではなく、ナチュラル洗剤を使いたい場合もクイックルワイパーを使って掃除できますよ。紹介します。

お風呂の天井のカビをナチュラル洗剤で掃除する方法

用意するもの
  • 重曹
  • クエン酸
  • クイックルワイパー
  • 手袋
  • マスク
  • メガネ

手順1.クエン酸スプレーで天井を拭く

ドライタイプのクイックルワイパーに、クエン酸スプレー(空のスプレーボトルに水200mlクエン酸粉小さじ2をいれよく振ったら完成です。拭きつけ天井を拭きます。

手順2. 重曹スプレーで天井を拭く

ドライタイプのクイックルワイパーに、重曹スプレー(空のスプレーボトルに水500mlクエン酸粉大さじ1をいれよく振ったら完成)を拭きつけ天井を拭きます。

手順3. 再度クエン酸スプレーで天井を拭く

再度、クエン酸スプレーを吹き付けたクイックルワイパーで天井を拭きます。

手順4. 水ぶきする

ドライタイプのシートを濡らしてクイックルワイパーにとりつけて天井を拭き完了です。

クエン酸→重曹→クエン酸→水ぶきと少し手間はかかりますが、赤ちゃんがいるお家や肌の弱い方には、安心できるお掃除方法です。カビ取り剤と比較すると、どうしても効果は劣るかもしれませんが、やってみる価値はありますよ。

ゴムパッキンの掃除には、ジェルタイプのカビ取り剤

カビの繁殖具合が軽度な場合は、これまでご紹介してきた方法で取り除けます。ただし、長年蓄積されたガンコすぎるカビの場合は、何度か繰り返してみましょう。それでもダメなら、「ゴムパッキン専用タイプ」のカビ取り剤がおすすめです。

液垂れもほとんどしないため、タイルの目地にも使いやすいですよ。さらに浸透させるには「キッチンペーパー+ラップ」でパックがオススメです。ゴムパッキンの部分にジェルを縫って、キッチンペーパーでパックした上から更にジェルを塗り、最後にラップでパックして1~3時間放置してみて下さい。放置時間はカビの繁殖具合によって、調節してみると良いですよ。

我が家はかなり放置してしまって、びっしりだったパッキンの黒カビをこの方法で撃退することに成功しました♪

簡単2ステップ!浴槽のエプロンの外し方

簡単2ステップ!浴槽のエプロンの外し方

浴槽エプロンとは、浴槽の側面に水が飛ばないよう浴槽脇に取り付けられているカバーのことです。実はこのエプロンの裏は、お風呂の中でもっともカビが繁殖しやすい場所の一つなんです。そんな所「開けたことがないよ~」という場合は、思わず叫んでしまうような状態になっているかもしれません(泣)覚悟を決めて、カビを徹底的に追い出しましょう!

浴槽エプロンの外し方

手順1.エプロンを上にあげる

エプロンの下に手を入れ、上に持ち上げる。

手順2.手前に引く

上にあげたエプロンを、そのまま手前に引くと外れます。

このようにたったの2ステップでエプロンを外せます。掃除方法はここまでにご紹介してきた中から、自分が出来そうな方法で行って下さい。

お風呂のカビを予防する方法

お風呂のカビを予防する方法

お風呂のカビは、発生する前にできるだけ予防しておきたいものですよね。毎日のちょっとした習慣でお風呂のカビの発生を予防できますよ。しかも、たったの3つだけ♪ぜひ今日から試してみて下さいね。

  • 50℃のシャワーを5秒間かける
  • 乾拭きをする
  • 換気をする

これに加え、定期的に市販の「防カビ剤」を定期的に使ってみるのも1つのカビ予防になります。一番よく耳にするのはこれですよね?

「防カビくん煙剤」は、銀イオンの煙が天井や換気扇の裏までいきわたって
お風呂全体の黒カビの原因菌をすみずみまで除去してくれるそうです。

1~2か月1度、定期的に使用することで銀イオンの防カビ効果が高まって除菌してくれるので、カビ取りに苦労しなくても、普段のお掃除だけで綺麗をキープできるなんて手軽ですよね。

煙が出始めたら、浴室からでてドアを閉めて、1時間半以上放置して使うのですが使用上の注意は、商品に記載されているものをよく読んで下さいね。同じく防カビ剤ですが、浴室の天井に取り付けるだけのこんなものもあります。

バイオがカビや悪臭の物質を抑えてくれる防カビ剤です。こちらも取扱いの説明をしっかり読んでから使って下さいね。

プロのクリーニング業者がしてくれること

プロのクリーニング業者がしてくれること

家庭で行うお風呂のカビ対策について見てきましたが、プロのクリーニング業者さんはどういった掃除をしているのでしょう。会社や依頼する内容によって差はありますが、イメージしやすいようにいくつ2つの例を紹介します。

【例1】

養生→天井や窓、扉の洗浄→エプロン(浴槽カバー)内部の洗浄→床や蛇口の洗浄→ 乾拭き養生、高圧洗浄機を用いた洗浄、専用の器具(サッシ棒)を用いたカビのけずり取りなどが、家庭で行う掃除とは異なります。

周囲が汚れないように徹底的に養生してから掃除するので、洗浄力の強い薬剤を用いたり高圧洗浄機を用いて徹底的掃除ができます。

【例2】

照明・換気扇の掃除・天井や蛇口・排水口などを掃除してくれ、鏡の水アカを掃除・エプロン内部の掃除・乾拭き換気扇など、なかなか掃除の手が回らない箇所まで徹底的に掃除してくれる点が魅力ですね。

鏡もピカピカにしてくれます。今回はカビ取りを紹介しましたが、水垢を自分で取るというのも結構大変です。依頼料金の相場は、比較サイトで見比べてみると、約15,000円程度の業者が多く見られました。安いものでは10,000円を切るものもありますが、「体に影響の少ない洗剤を使用」「コーティング剤を塗布」といった各社の売りがあるようです。

まとめ

お風呂のカビの取り方、予防方法についてご紹介してきました。お風呂のカビ取りって、薬品の扱いには気を付けないといけないし、隠れて見えない部分が多くて掃除しきれないし、浴槽カバーは重いし家庭で行うには結構面倒くさい場所の一つですよね。

自分でできそうなことをとりあえずやってみたけど、それでも落ちないカビがある!という人や自分でやれる気がしない人それぞれだと思いますが、そんな時はプロのクリーニング業者を利用するのも一つの手だと思います。

1箇所ごとに料金を組んでくれる業者もあるので、目に見える場所は日ごろ手入れして、エプロン裏や鏡の水アカは年に1回プロに依頼したりプロの手を上手に借りて楽に掃除を続けられる方法を組むのがおススメですよ。

お風呂クリーニング業者を探す時は、ほっとラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問でき、もちろん作業予約することが可能です。まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください

\ SNSでシェア /

その他のカテゴリー記事を見る

pvms