これはハマる!お風呂の水垢が1晩で消える「クエン酸つけおき掃除術」

お風呂で髪や体を洗うとき、ついつい目に入ってくる蛇口の水垢…。気になりますよね。そこで今回は、つけおきするだけでお風呂中の水垢が消えてしまう、魔法のような「クエン酸つけおき掃除術」をご紹介します。

これはハマる!お風呂の水垢が1晩で消える「クエン酸つけおき掃除術」

お風呂で髪や体を洗うとき、ついつい目に入ってくる蛇口の水垢…。気になりますよね。洗剤を使ってこすり洗いしてみたけど、思ったよりキレイにならなかった…。そんな方に朗報です!

今回は、つけおきするだけでお風呂中の水垢が消えてしまう、魔法のような「クエン酸つけおき掃除術」をご紹介します。

水垢って、どうしてできるの?

水垢って、どうしてできるの?

  • こまる

    浴槽にこびりついた白い汚れ、水垢って言うんだよね?毎日お風呂を洗っているのに、なんで水垢がついちゃうの?


  • ほっとくん

    不思議だよね。実は水垢の正体は、水道水に含まれるマグネシウムやカルシウム、ナトリウムなど「ミネラル成分」なんだ。水分が蒸発して固まっているから、落ちにくい頑固な汚れになるんだね。

水垢の正体はミネラル

お風呂を使うと、シャワーの水や湿気によって浴室に水滴がつきますよね。水滴が蒸発すると水分だけが蒸発して、ミネラル成分は蒸発せず結晶化してその場に残ってしまいます。つまり、水道水のミネラルが固まったものが水垢なんです。

湯垢(ヌルヌル)と水垢(カピカピ)は別物

カピカピ水垢は「ミネラル成分が結晶化したもの」ですが、ヌメヌメ湯垢の正体は、石鹸カスや人間の皮脂汚れや、その汚れをエサに繁殖した細菌がまざり合って固まったもの。髪や体を洗った残り湯が乾燥することで、湯垢汚れとして固まってしまうのです。浴槽の湯が決まった場所につくのは、お湯に溶けた皮脂汚れが水面に浮き上がってくるのが原因です。

水垢汚れは「アルカリ性」、湯垢汚れは「酸性」

水垢汚れの正体であるミネラルはアルカリ性です。中性洗剤でこすっても水垢が落ちなかった原因は、このアルカリ性が原因です。水垢汚れを落とすには、酸性の洗剤で中和する必要があります。酸性洗剤はスーパーやドラッグストアで買えますが、お家に「お酢」や「クエン酸」があれば、簡単に水垢汚れのお掃除ができますよ。お酢の臭いが苦手な方は、クエン酸を使ったお掃除がおすすめです。

蛇口の水垢はクエン酸パックでやっつける

蛇口の水垢はクエン酸パックでやっつける

お風呂の蛇口の水垢取りに使う道具は、下記のとおりです。ちなみに家にクエン酸がない場合、お酢で代用できます。ただし、浴室にお酢の臭いが充満するので、必ず換気をしてください。

用意するもの
  • クエン酸
  • キッチンペーパー
  • ゴム手袋
  • メラミンスポンジ
  • ラップ

鏡にこびりつく「ウロコ水垢」を取る方法

鏡にこびりつく「ウロコ水垢」を取る方法

お風呂で水垢が気になるといえば、お風呂の鏡についた白いウロコ状の水垢汚れではないでしょうか?鏡に付着した水垢は、とても目立ちますよね?

掃除をしてもなかなか落とすことができないので諦めている人も多いのでは…?
しかし、この水垢汚れもクエン酸を使うと3ステップでピカピカにすることができるんです。

用意するもの
  • クエン酸
  • 空のスプレーボトル
  • ラップ

手順1. クエン酸水を作る

空のスプレーボトルに、水(100ml)とクエン酸(小さじ2分の1)を入れて混ぜ合わせるだけで、クエン酸水ができます。

手順2. 鏡全体にクエン酸水を噴きつける

さきほど作ったクエン酸水を鏡全体に吹きかけます。手荒れが気になる方は、掃除用のゴム手袋などを使ってください。

手順3. ラップを貼って1時間ほど放置する

鏡に吹きかけたクエン酸水が乾かないうちに、鏡全体にラップを貼り付けます。ラップを貼り付けたら、そのまま1時間ほど置いておきます。

手順4. ラップを取り外して完了

時間が経ったらラップを取り外します。取り外したラップを丸めて鏡をこすってから最後にシャワーで流すと鏡はピカピカ!これでお風呂の鏡掃除は完了です。

もしこの3ステップでも水垢汚れが落なかった場合は、ラップを貼り付ける時間を少し長くしたり、ラップを外した後にスポンジなどでこすって汚れを落としたりするといいでしょう。

この掃除方法はお風呂の鏡の水垢汚れだけではなく、蛇口まわりの水垢汚れにも効果があります。

お風呂の鏡の掃除をする際は、蛇口まわりの掃除も一緒にするといいかもしれませんね。鏡と蛇口まわりがきれいになるだけでも清潔感がさらに出て、お風呂場の見た目がかなり良くなると思います。

浴槽の水垢をとる「クエン酸つけおき掃除術」

浴槽の水垢をとる「クエン酸つけおき掃除術」

お風呂の浴槽を触ると少しザラザラしている時がありますよね。このザラザラの正体は水垢汚れで、市販の中性洗剤などではきれいに落とせない時もあります。

そんな時はクエン酸を使って掃除をすると、頑固な水垢汚れもきれいに落とすことができます。

用意するもの
  • クエン酸
  • 空のスプレーボトル

手順1. クエン酸水を作る

空のスプレーボトルに、水(100ml)とクエン酸(小さじ2分の1)を入れて混ぜ合わせるだけで、クエン酸水ができます。

手順2. クエン酸水を浴槽に吹きかける

クエン酸水をお風呂の浴槽にまんべんなくかけて、スポンジやブラシなどで水垢汚れをこすります。汚れがひどい場合は、少し時間を置いてからこするといいでしょう。

手順3. シャワーで洗い流す

最後にシャワーで浴槽全体を流したら、これで水垢汚れの掃除は完了です。

思ったより簡単ですよね?クエン酸水を常備しておけば、お風呂にお湯を溜める前にサッサッとできますよね。

浴槽は水垢汚れだけでなく、石鹸カスや皮脂汚れがついていることもあるので、
クエン酸水で掃除する前に、市販の中性洗剤などを使って浴槽の掃除をすることをおすすめします。

そうすることで浴槽をよりきれいに保つことができ、お風呂に入る時間がより良いものになるでしょう。

お風呂の水垢を予防する3つの方法

お風呂の水垢を予防する3つの方法

頑固な水垢汚れをきれいにするのは大変ですよね。掃除は時間がかかるだけではなく、体力や気力も必要になってきます。水垢が付く前に汚れを予防するポイントが3つあるので紹介します。

①お風呂場の水滴をしっかりと拭き取ることです。

水滴をそのまま放置しないだけでも、水垢汚れを予防することができます。お風呂を使ったあとはタオルなどで水滴を拭くといいでしょう。毎回タオルで拭くと洗濯物が増えて大変だという方は、スクイージーなどを使って水切りしてもいいかもしれませんね。

②お風呂場の換気をしっかりとすることです。

タオルで水滴を拭いたりスクイージーを使って水切りしたりしても限界があると思います。余計な水滴をなくすためにも、換気扇を回したり窓を開けたりして、
しっかり換気するようにしましょう。湿気が多いと水垢汚れもたまりやすくなるので、換気はとても大切です。

③お風呂をこまめに掃除することです。

水垢汚れは放置しておくと落としづらくなりますが、ついたばかりの水垢汚れは落としやすいです。頑固な水垢汚れになる前に、中性洗剤などを使ってこまめに掃除するようにしましょう。

まとめ

クエン酸や重曹を使って自分で掃除をしても、水垢汚れが残ってしまう時もあると思います。落とせない水垢汚れがあると、お風呂に入るたびに気になってしまいますよね。

そんな時は、専門業者に掃除をお願いするといいでしょう。専門業者はその道のプロなので、落ちなかった頑固な水垢汚れを徹底的にきれいにしてくれると思います。また、掃除だけではなく準備や後片付けなども全てお任せできるので、忙しい時でも助かりますね。

是非この機会に1度、お風呂の水垢汚れの掃除について考えてみてはいかがでしょうか。ほっとラインでは、料金やサービス内容、口コミで業者を比較してから
予約することができるので、ご自分にあった安心な店舗を探してみてください。

※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください

\ SNSでシェア /