シャワーカーテンの掃除方法を教えて

ユニットバスには必要不可欠なのが、シャワーカーテンですよね。カビ臭さに気づいた時には、もう至る所に黒いカビが発生シてしまっている事が多いと思います。スポンジで地道に掃除するのは面倒ですよね。そこで簡単にカビを落とす方法をご紹介します。また、お風呂上りに少しだけ工夫することで、劇的にカビの繁殖を抑える方法もご紹介します。

シャワーカーテンの掃除方法を教えて

なぜシャワーカーテンはすぐカビる?

カビは普段から空気中を漂っており、25〜30度・湿度80%以上の所に繁殖します。お風呂はまさにカビにとっては天国なのです。石鹸カスや垢などの汚れはご馳走なのです。赤カビは水垢や髪の毛を栄養源とし、黒カビは皮脂や垢を栄養源としています。

シャワーカーテンには、これらの汚れが全てダイレクトに付着するので、お風呂の中でも一番カビが繁殖しやすいと言えます。浴槽と同じく、毎日掃除をするべきところなのです。

楽にカビを落とす方法

カビがひどい箇所を上にして、浴槽にシャワーカーテンを軽くたたんで入れましょう。ついでにフックも一緒に入れておくといいです。塩素系漂白剤(どの家庭にもあるもの)をカビにかけて、カーテンが浸るくらいのお湯をはります。浮いてこないよう四隅をシャンプーボトルなどで重石をすると、底のヌメリ掃除もできて一石二鳥ですよ。1時間ほどしたら洗い流し、元のところに吊るして軽く拭いて乾燥させます。

ついででOK!カビを繁殖させにくくする方法

入浴後にシャワーカーテンにお湯をかけて汚れを洗い流し、体を拭いたらそのタオルで軽く拭いておきましょう。浴室と脱衣所のドアは開けっ放しがオススメです。こうすると乾燥も早く、浴室特有のこもった臭いもしません。

ほんの少しお金をかけれるなら、ドラッグストアにおいてある浴室のカビ抑止剤を天井に貼ると、浴室全体のカビも抑えられるのでさらに効果的です。効果は約半年続くので、面倒くさがりの人にもオススメです。

最後に【頑固なカビには、カビ専用の漂白剤を】

長期間カビを放置したシャワーカーテンは、上記の方法で落ちないかもしれません。その場合は、より強力なカビ専用漂白剤を使用しましょう。スプレーして10分放置した後、洗い流すだけでキレイさっぱり落とせます。かなり薬剤が強いので、手袋と換気は必ず行ってください。ご自分で掃除するのが面倒な方は、専門の業者に依頼するのも一つの手ですよ。

ほっとラインでは、料金やサービス内容、口コミで業者を比較してから予約することができますので、ご自分にあった安心な店舗を探してみてください。

※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください

\ SNSでシェア /

その他のカテゴリー記事を見る

pvms