お風呂場の排水溝の掃除ってどうしたらいいの?

お風呂の水が抜けにくかったり、悪臭を放っていることはありませんか?それは排水溝の詰まりが原因かもしれません。髪の毛や皮脂がたまっている可能性があるので、ここはぜひ掃除できれいにしたいものですよね。とはいえヌメヌメ状態になった排水溝、奥に何があるのか不安になるかもしれません。今回はそんな不安を取り除き、お風呂場の排水溝を掃除する方法を紹介します。

お風呂場の排水溝の掃除ってどうしたらいいの?

最初のハードルを越えれば簡単!

ヌメヌメで悪臭を放つお風呂場の排水溝から、思わず目をそむけてしまう人も少なくないでしょう。できることなら見たくない、手を触れたくない怖さが排水溝掃除の最初で最大のハードルです。

しかし汚れの正体は主に髪の毛と皮脂、それに残った石鹸カスです。自分や家族の身体を洗う時に出たものです。そう考えれば、得体の知れない怖さからは解放されるでしょう。

いざ排水溝の掃除を始めてしまえば簡単で、きれいにするのに10分とかかりません。ここは一気に勝負をつけるつもりで、取りかかるのをおすすめします。

排水溝のパーツを取り外して掃除する

お風呂場の排水溝の形は家によって違いますが、多くは以下のパーツで作られています。「外側のフタ」、「開けると出てくるゴミ受け」、「さらに奥の筒」となり、それぞれ取り外し可能です。掃除に使う用具はお風呂用洗剤、スポンジ、使い古しの歯ブラシ、ゴム手袋など。

これらを活用して、各パーツのゴミとヌメリを取っていきます。排水溝のパーツは小さいので、掃除をすぐに終えられるでしょう。きれいになった姿から、達成感を得られます。

合わせて排水管の掃除もしておきましょう

排水溝のパーツと合わせて、掃除しておきたいのが排水管です。お風呂場の悪臭の元になる箇所なので、きれいにすればスッキリの度合いが違います。こちらも使い古しの歯ブラシを使い、届く範囲で内面を磨いていきます。掃除の仕上げに、市販のパイプ洗浄剤を流すのも有効です。

説明書をよく読んで使用しましょう。排水管の奥に何か詰まっている感じがあれば、針金やワイヤーハンガーで突いてみるのも良いかもしれません。原因となっている異物が動いて、お風呂場の水の流れが正常になる可能性があります。

最後に【排水溝掃除をしても詰まりや臭いが残る時は】

排水管をきれいにしたら、洗っておいたパーツを元どおりにすれば完了です。排水溝掃除を始める前の重たい気分が、嘘のように晴れ晴れとしているでしょう。お風呂場の詰まりや悪臭も解消されたと思われますが、それでも問題が残るケースが時々あります。それは排水管のさらに奥が詰まっていたり、換気扇にカビが生えているといった可能性も考えられます。こうなると個人でなかなか手を出しにくい分野になるので、管理会社やハウスクリーニング業者に相談するのをおすすめします。

ほっとラインでは、料金やサービス内容、口コミで業者を比較してから予約することができますので、ご自分にあった安心な店舗を探してみてください。

※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください

\ SNSでシェア /