浴室が寒いんですが(ヒートショック)なんとかできませんか?

冬になると浴室も寒い状態になるため、裸になって入るのが憂鬱になってしまう人も多いと思います。憂鬱なだけでなく危険なのが、寒い浴室での「ヒートショック」による健康被害です。ヒートショックとは、あまり聞き慣れない言葉かもしれません。これは死に至ることも多い、身近で恐ろしい現象です。今回はその仕組みと、防止するため浴室でとれる対策を紹介します。

浴室が寒いんですが(ヒートショック)なんとかできませんか?

冬じゃなくてもご用心!ヒートショックとは

暖かい室内から寒い外に出て、呼吸や心臓が一瞬止まるような感覚を持った経験はあるでしょうか?ヒートショックはそれの深刻なケースで、急激な温度差で血圧が変動し健康被害を及ぼします。具体的には心筋梗塞や脳卒中を引きおこすこともあり、死に至るのも珍しくありません。日常でヒートショックを起こしやすい場所は、家の中でも寒い状態になりがちな浴室です。

そこに服を脱いで入るわけなので、身体が温度変化について行けない場合が多々あります。とりわけ寒い冬は要注意ですが、冬じゃなくてもリスクはあるため用心に越したことはありません。

部屋と浴室と湯船の温度差を小さくしましょう

恐ろしいヒートショックを防ぐには部屋と浴室、浴室と湯船の温度差をなるべく小さくすることです。寒い浴室を暖めるため、ヒーターなどの暖房器具を使うのが有効です。ガスヒーターの場合は一酸化炭素中毒を起こさないよう、換気にも気をつけましょう。

さらにお手軽なのは浴室に入る前、しばらく熱いシャワーを流しっぱなしにしておくこと。これが暖房の代わりになって、寒い温度を和らげてくれます。また湯船の設定温度もなるべく低く設定しておけば、浴室との寒暖差が小さくなり安心感が高まります。ぬるいお湯では物足りない気もしますが、健康を守るという観点で大切なポイントです。

その他にできるヒートショック対策

その他にできるヒートショック対策としては、身体のコンディションを良くしておくことです。特に入浴前や入浴中のお酒は、血管の状態を不安定にするので控えましょう。また寒い浴室に入る際の悪影響を和らげるために、あらかじめ水分を多めに取っておくのも効果的です。

血液中の水分を補給すれば、心筋梗塞や脳卒中の予防に役立ちます。浴室の温度と合わせて身体を整えておくのが、不慮の事態を避けるカギになります。

最後に 【浴室暖房機を付けられればベスト】

先ほど述べたように寒い浴室の温度を上げるには、暖房機器やシャワーを活用することが有効です。しかしヒーターやストーブを、簡単に持ち運べないケースもあります。また冬場に熱いシャワーを流しっぱなしにすると、意外なガス代がかかってしまいます。据え付けの浴室暖房機があればベストですが、ない場合もメーカーなどで取り付けが可能です。ガス代や健康のことを考えて、浴室暖房機で寒い状態から解放されるのも賢い方法です。

ほっとラインでは、料金やサービス内容、口コミで業者を比較してから予約することができますので、ご自分にあった安心な店舗を探してみてください。

※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください

\ SNSでシェア /

同じカテゴリの関連記事

pvms