浴槽の汚れが落ちないんですがどうしたらいいの?

毎日入るお風呂、一日の疲れをとる癒しの空間と感じてる方も多いと思います。キレイなお風呂でのんびりリラックスタイムを過ごしたいのに浴槽の汚れが落ちないということはありませんか。浴槽の汚れといっても、その種類は原因はさまざまです。汚れに応じて掃除を行いピカピカにしたいものですよね。今回はお風呂掃除を快適にするために、浴槽の汚れの種類と原因、落とし方をご紹介します。

浴槽の汚れが落ちないんですがどうしたらいいの?

浴槽の汚れにはどんなものがあるの?

浴槽の汚れにも色々あって、なかなか見分けがつかないという方もいるでしょう。汚れの代表例として挙げられるのは、以下の5種類。色と触った感触で区別することができます。その分類と、原因について確認してみましょう。

・白か茶色でザラザラした感触 → 水道水に含まれる成分が、石鹸カスや皮脂と結合してできた「水垢または湯垢」。

・青緑色でヌメヌメした感触 → 銅管の成分が石鹸カスや皮脂と結合してできた「銅石けん」

・赤茶色でザラザラした感触 → カミソリやヘアピンなど鉄製品による「サビ」

・ピンクか黒でザラザラした感触 → 高温と湿度によって生えた「カビ」

・ピンクでヌメヌメした感触 → 皮脂や垢を栄養に繁殖した「酵母」

それでは浴槽にできたこれらの汚れを、どうやって落とせば良いでしょうか?

浴槽の水垢、湯垢、銅石鹸を落とす方法

浴槽の汚れについて、原因別に落とし方を考えてみましょう。まず水垢や湯垢の汚れは、中性洗剤を使って洗います。それでも落ちない場合、水垢にはクエン酸やお酢を、湯垢には重曹やセスキ炭酸ソーダを使って洗います。この時メラミンスポンジを使うと、ザラザラがさらに取れやすくなります。銅石けんの汚れについては重曹やセスキ炭酸ソーダをティッシュなどに浸し、5分ほど放置した後に洗うと効果的です。

浴槽のサビ、カビ、酵母を落とす方法

浴槽についたサビの汚れは、クエン酸やお酢をティッシュなどに浸し3~5分放置した後洗うのが効果的です。カビはカビ取り用の、塩素系漂白剤を使って落とします。カビ取り用漂白剤は強アルカリ性のため、酸性洗剤と混ざると危険なので注意しましょう。最後に酵母の汚れは、中性洗剤を使います。それでも落ちない場合はカビ取り剤を使うと綺麗になる可能性があります。

最後に(自分で汚れを落とすのが難しい時は)

                                                           

以上のような方法で掃除すれば、浴槽の汚れを落とせる場合が多くあります。またお風呂の換気扇を回して湿気を抑えるなど日々のお手入れで、ある程度予防することも可能です。しかしなかなか掃除やお手入れをする時間がなかったり、掃除しても落ちない汚れが残るケースも考えられます。自分で浴槽の汚れを落とすのが難しければ、一度専門業者に相談してみるのも良い手段でしょう。

ほっとラインでは、料金やサービス内容、口コミで業者を比較してから予約することができますので、ご自分にあった安心な店舗を探してみてください。

※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください

\ SNSでシェア /