更新日:2017/01/01
【年末大掃除】お風呂掃除は汚れに合わせて洗剤を使い分ければイイ◎

【年末大掃除】お風呂掃除は汚れに合わせて洗剤を使い分ければイイ◎

【年末大掃除】お風呂掃除は汚れに合わせて洗剤を使い分ければイイ◎

家事の中でも意外と重労働なのが、毎日のお風呂掃除ですよね。
少しサボるとあっという間にカビやぬめりが発生して、掃除するのも億劫になりますよね。

年末の大掃除の時期ですが、ただお風呂洗剤で磨くだけで綺麗になるのでしょうか?
特に気になる項目別に、掃除の方法をご紹介します。

お風呂用品は重曹でキレイに!

洗面器や浴槽のまわりについた垢のようなモノは、「湯垢」なです。
水垢と間違う人が多いのですが、それは間違いなんです!
湯垢はアルカリ性の洗剤で落ちやすい特徴を持っていますので、 重曹を使って掃除するのがオススメなんです。

用意するもの
  • 重曹 1カップ
  • お湯
  •     
  • スポンジ
  

手順1.浴槽にお湯を入れる

掃除の方法は、浴槽の残り湯にいつも浴槽にお湯をはる水位より少し多めになるように
お湯を足します。

なぜいつもの水位より多くするかというと、いつも同じ水位にうっすら線がでていませんか?  
それこそ、「湯垢」です! 皮脂汚れなどが水面に浮かび浴槽にくっつきます。
この湯垢を取るためにはいつもの水位より多めのお湯が必要になります。

手順2.重曹を入れる

浴槽に重曹を入れて洗面器で重曹を溶かすようにかき混ぜます。
重曹が溶けたら、洗面器や椅子やお風呂で子供が使うおもちゃ等と浴槽に入れます。

手順3.一晩放置し洗い流す

浴槽につけ置きをして翌日シャワーで洗い流し、汚れが気になる所を
スポンジでこすれば完了です。

  

お風呂の排水口は重曹とお酢が効く

ヌメりや臭いが気になる排水口には、重曹とお酢でスッキリさせましょう。

排水口にをたっぷり重曹を振りかけてから、重曹にめがけてお酢をかけて1時間待ちます。
お酢は賞味期限が切れていても大丈夫です。笑
大掃除のついでに、冷蔵庫の調味料の賞味期限も見直しましょう。

1時間後シャワーで排水口を洗い流せば完了です。

水垢にはクエン酸水がイイ

鏡や蛇口の白い跡が付きますよね。これが水垢になんです。
水垢にはクエン酸が効きます。

用意するもの
  • クエン酸 小さじ1
  • 水 100ml
  • 空のスプレーボトル
  • キッチンペーパー
  

手順1.クエン酸を作る

 

空のスプレーボトルに水100mlとクエン酸小さじ1をいれて溶かしてクエン酸水をつくります。

    

手順2.鏡や蛇口などにスプする

スプレーしたら、キッチンペーパーをかぶせてその上からもたっぷりスプレーし
クエン酸を吹き付けます。

手順3.30分後洗い流す

シャワーで洗い流せば完了です。

  

パッキンのカビには片栗粉

パッキンの黒カビは市販のカビ取り剤を使ってもなかなか落ちなくて、困っていませんか?

そんな時は、片栗粉と市販のカビ取り剤を1:1で練って
パッキンに塗りつけて30分放置します。
30分後洗い流せばキレイになりますよ。

片栗粉を入れることで、液だれせずにしっかり浸透させることができます。
湿気が多いと効果が弱まるので、掃除をする時は換気をして行いましょう。

お風呂の換気扇も忘れずに掃除しよう

換気扇のカバーにホコリが溜まっていると、すでに内部にはかなりのホコリが溜まっている状態です。
このままだと風量が弱くなって換気が悪くなり、カビが発生しやすくなって、電気代も余計にかかります。

早速換気扇掃除をしましょう。
換気扇カバーのネジを外します。
ボルトを外して中のシロッコファン(ハムスターの回転車のようなもの)を取り出します。
シロッコファンを洗い水分を拭き取ってから元の位置に取り付けましょう

外せないタイプのものは、濡れた布に洗剤を少量染み込ませたもので拭き掃除をしましょう。
内部に直接洗剤を吹きかると故障に繋がりますので、注意しましょう。

まとめ

お風呂掃除は、水垢や湯垢・カビ・皮脂汚れなど様々な汚れが混在してます。
汚れに応じて、洗剤を使い分けて掃除すると簡単に汚れは落とすことができます。

しかし、長期間掃除していない汚れや、徹底的に掃除したい場合は、プロの業者に依頼することを オススメします。

ほっとラインでは、料金やサービス内容、口コミで業者を比較してから予約することができますので、ご自分にあった安心な店舗を探してみてください。

※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください