エアコンフィルターは交換すべき!フィルターは2年1度交換がGood

エアコンのフィルター、掃除はしているけど交換はしたことがない!という方も多いのではないでしょうか?エアコンフィルターは掃除だけでなく、適切なサイクルで交換することで電気代節約と綺麗な空気で快適な生活を送ることができますよ。ぜひ参考にして下さい。

エアコンフィルターは交換すべき!フィルターは2年1度交換がGood

エアコンのフィルターは掃除機で、ホコリをこまめに掃除している方も多いと思います。エアコンのフィルターって交換する必要がある事ご存知でしたか。意外と知らない方も多いと思いますが、実はエアコンのフィルターには交換の時期と頻度があるのです。

今回はエアコンのフィルターの交換の必要性交換時期について紹介します。

エアコンフィルフターを交換する必要性

エアコンフィルフターを交換する必要性

エアコンはお部屋の空気を吸い込み、吸い込んだ空気を冷やしたり温めたりして、また部屋に吐き出しています。吸い込む時にホコリを一緒に吸い込まないように、フィルターを通してエアコンを守っているのです。ちょうどマスクのような役割です。

みなさんマスクが汚れたらどうしますか?交換しますよね。エアコンフィルターも一緒で、掃除した方が良いし、交換する必要性があるのです。エアコンフィルターが汚れたままでエアコンを使っていると、フィルターが目詰まりしてエアコンに負荷をかけて電気代を無駄に使ったり、汚い空気を吐き出し続けて不衛生だったりします。

エアコンかけても部屋が暑い!フィルター掃除の方法が原因かも!?
あわせて読みたい
エアコンかけても部屋が暑い!フィルター掃除の方法が原因かも!?
リンク(新しいタブで開きます)

エアコンフィルターの清掃方法

エアコンフィルターの清掃方法

エアコンフィルターの清掃のは掃除機を使うのがオススメです。掃除方法を紹介します。

用意するもの
  • 掃除機
  • 脚立

手順1. 電源コードをコンセントから抜く

清掃中にエアコンが誤作動すると危険ですので必ずコンセントを抜きましょう。コンセントが高い位置にある場合は、脚立を使いましょう。

手順2. 除機で吸い取る

エアコンのカバーをはずし、フィルターの表面を掃除機で吸います。表面のホコリの落下防止のため、先に表面を掃除で吸い取りましょう。

手順3. エアコンフィルターを本体から外す

エアコンフィルターを本体から外して、フィルターの裏面に付いたホコリを吸い取ります。(エアコンフィルターのはずし方がわからない場合は、取扱説明書をご覧ください。)

手順4.本体内も掃除機で吸い取る

ついでに本体内も掃除機で吸いましょう。優しく吸い取りましょう。力を入れると部品を傷つける可能性があります。特に銀色の金属のヒダ(冷却フィン)は気をつけて掃除しましょう。

手順5. エアコンフィルターとカバーを元に戻します

これを最低でも夏冬前の2回は行いましょう。

    

エアコンフィルターの交換時期や頻度

エアコンフィルターの交換時期や頻度

エアコンフィルターの交換時期ですが、機種によっても違いがありますので詳しくは取扱説明書をご覧ください。一般的には2年が目安といわれています。しかし、フィルターの目詰まり具合やフィルター清掃の頻度にもよります。

フィルターが薄くなっているとか、穴があいてしまっているとかの破損がある場合はスグに交換してください。そのまま使うと不衛生ですし、エアコンが故障してしまう可能性があります。エアコンフィルターの入手方法ですが、家電販売店や取扱説明書のお問合せにて入手できます。

まとめ

エアコンの清掃やフィルター交換も自分でやるのは「面倒だな~、不安だ」と思う方は専門業者に依頼してみましょう。またエアコン内部がカビてしまっていて臭いがする、なんて場合も専門業者に依頼することをオススメします。

エアコン業者を探す時は、ほっとラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問することができ、もちろん作業予約することが可能です。 まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください

\ SNSでシェア /

pvms