エアコンからゴキブリがでるってホント?

ゴキブリがエアコンから出てきた。あるいはゴキブリがエアコンの影に逃げていくという話を聞いたことがないでしょうか?実際にそんなことあるの?と疑問に思いますよね。実は、あるんです。そんな場合にどう対策したらいいのかわかりませんよね。今回はエアコンからゴキブリが出てこないための対策をご紹介します。

エアコンからゴキブリがでるってホント?

ゴキブリがエアコンから侵入する原因

エアコンは室内機とベランダにある室外機と一体になっています。この室内機と室外機は1つのパイプでつながっています。このパイプを冷媒パイプと呼びます。また、別に排水用のホースがあり、これがドレンスホースと呼ばれています。

冷媒パイプとドレンスホースはテープで巻かれていることが多いです。ドレンスホースは、ベランダの地面とつながっていることが多いです。ゴキブリはこのドレンスホースから侵入してくる可能性が高いです。また、ゴキブリは暗くて、湿った場所を好みます。

エアコン内部は、暗くて温かいため、最適な場所となってしまいます。侵入してきたゴキブリは、卵をエアコンのフィルターに産み、結果的に繁殖してしまいます。

エアコンからゴキブリが侵入するのを防ぐ対策

エアコンからゴキブリが侵入するのを防ぐ対策としては、エアコンを使用した後は30分前後でいいので、送風モードにして、エアコンの内部の水を蒸発させて、湿気をなくすようにしましょう。また、ゴキブリは、卵をエアコンのフィルターに産むため、フィルターの掃除をまめに行うようにしましょう。外にある、ドレンスホースに網を張っておくとゴキブリの侵入を防ぐことが出来ます。

最後に

エアコンのドレンスホースとフィルターはゴキブリにとって、侵入しやすい場所であるといえます。ドレンスホースからの侵入を防ぎ、特にフィルターの掃除と送風の運転はカビ対策にもなるため、欠かさずに行ったほうがよいでしょう。

どうしても自分で行うのが不安な方は、エアコンのクリーニング業者に依頼して、エアコンの内部を徹底的にクリー二ングしてもらうことをオススメします。ほっとラインでは、料金やサービス内容、口コミで業者を比較してから予約することができますので、ご自分にあった安心な店舗を探してみてください。

※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください

\ SNSでシェア /