エアコン冷えてますか?それは故障ではなく汚れが溜まってるだけ!

最近、エアコンの効きが悪いなぁ…とお困りではありませんか?エアコンの不具合の多くは故障ではなく、汚れの蓄積が原因。修理や買い替えを考える前に、まずはエアコンフィルターと室外機を掃除してみましょう。この記事では、エアコンの掃除方法をご紹介します。

エアコン冷えてますか?それは故障ではなく汚れが溜まってるだけ!

夏に特に使用する機会が増えるといえばにエアコンです。もちろん、普段から年中通して使っているという人もいるでしょう。しかし、「何か最近エアコンの冷えが悪いような気がするな?」「故障かな?」などエアコンのトラブルが発生していませんか?

お金をかけずにエアコンを、冷えるようにしたいと思いますよね。そんなあなたに朗報です!エアコンを修理に頼む前にエアコンの掃除をすれば直るかもしれません。なぜかというとエアコンの不具合の原因は、掃除がきちんとされていないことが多いからなんです。

では、今回はエアコンが冷えない場合の掃除方法についてご紹介します。

エアコンフィルターは1番に確認しよう!!

エアコンフィルターは1番に確認しよう!!

エアコンは外側だけ掃除しても意味がありません。実際掃除をするべき場所は、エアコンの中身なのです。エアコンの中にはエアコンフィルターというようなものがあります。エアコンが冷え問題の1番の原因はエアコンフィルターの汚れによるものです。

エアコンのフィルターはどうしても空気を吸い込んだり、吐き出したりするので空気中の埃を吸ってしまったりして汚れてしまいます。それを放置しておくとどんどんとが溜まってしまって、空気を吸い込んだり、吐き出したりすることができなくなるので、エアコンが冷えにくくなってしまうのです。

なので、エアコンのフィルターはこまめに掃除する必要があるのです。冷えが悪いなと思ったときはまずはエアコンのフィルターを確認しましょう。

室外機の周りに物を置いていませんか?

室外機の周りに物を置いていませんか?

エアコンのフィルターに問題がない場合はどのように対処したらいいのか、ご紹介します。エアコンのフィルターを掃除しているのにエアコンの冷えが悪いと感じたら、室外機を確認してみてください。

「室外機の周りや上に、なにか物を置いていませんか?」室外機の周りに物を置いていると部屋の中の熱を排出している室外機の邪魔になってしまいます。

熱が排出できないと本来は涼しい冷たい空気を室内に送り込むことができるのに、塞いでいることによって、熱がエアコンに戻ってきてしまって再び部屋の中に熱を送り込んでしまうことになります。 なので、室外機の周りに物を置いてしまってはエアコンは冷えないのです。

エアコンのフィルターに問題がないのであれば、次に室外機の周りを確認するようにしましょう。

エアコンのガス漏れは霜がつく

エアコンのガス漏れは霜がつく

エアコンの故障でよくあるのはガス漏れです。エアコンの仕組みを説明していくところからになりますが、エアコンはガスを使用しています。そのガスがエアコンの冷気と熱気を室外機に送ったり、エアコン本体に送ったりしています。 なので、エアコンのガスの漏れがあると冷気も熱気も送ることができないのでエアコンが冷えなくなってしまうのです。

エアコンのガス漏れが起こるとどうなるのかというと、エアコンの配管類にがつきます。エアコンの配管には低圧と高圧の配管があります。その配管に霜がつくというのはガスが不足しているか、ガスが漏れているために水蒸気が配管について霜になっているのです。

ガス漏れをしている場合は、エアコンは冷えることがありません。この場合は私たちがなにか対処できることはありません。このような場合は、エアコン業者に依頼してガス漏れを直してももらいましょう。日頃からエアコンのクリーニングを行なうことによって、ガス漏れもすぐに気づくことができるのでこまめにしておくようにしましょう。

エアコンフィルターの簡単掃除法

エアコンフィルターの簡単掃除法

エアコンが冷えないのは嫌だけど、エアコンフィルターの掃除の仕方が分からない。面倒くさそうで、掃除をしたくないという人もいるでしょう。しかし、そんな人でも簡単に掃除ができる方法について紹介していきます。

掃除機である程度の埃を吸う

エアコンは高い位置にあるのでいきなりフィルターを外すとついているが落ちてきてしまいます。なので、ある程度、掃除機で埃を吸ってしまいましょう。

シャワーで洗い流す

掃除機である程度吸ったら、今度はフィルターを外しましょう。フィルターをシャワーで洗いましょう。フィルター自体は水につけてもお湯につけても壊れることはありません。 しかし、ぬるま湯のほうが埃が落ちやすいのでぬるま湯にしましょう。後は乾かして、取り付けるだけです。

フィルタークリーナーを使う

もう一つの方法ですが、フィルタークリーナーというものが販売されています。まず、外す前に上記と同じように掃除機で埃を吸い取ってから外します。外したものにフィルタークリーナーを吹きかけます。これは埃を吸収してくれるので普通にシャワーで洗うよりもきれいにすることができます。

しばらく時間をおいたら後はシャワーで洗い流すだけです。そして、乾かして取り付けたらフィルターの掃除は終わりです。

このように簡単にエアコンのフィルターは掃除することができるのでこまめに掃除するようにしましょう。これだけでエアコンが冷えるようになれば嬉しいですよね。

エアコンかけても部屋が暑い!フィルター掃除の方法が原因かも!?
あわせて読みたい
エアコンかけても部屋が暑い!フィルター掃除の方法が原因かも!?
リンク(新しいタブで開きます)

室外機の簡単掃除法

室外機の簡単掃除法

室外機は掃除するようなイメージがないという人もいるでしょう。しかし、室外機は掃除すべき場所です。どのように掃除するのかについて紹介していきます。

室外機の表から掃除

まずは室外機の表からまずは室外機の表を綺麗にしましょう。ほうきで目に付くようなゴミや埃を掃きとりましょう。いくらほうきで綺麗に掃きとっても取れないゴミもあります。そんなときは、掃除機を使用して残りの埃やゴミを吸い取りましょう。これでだいぶ、表側が綺麗になります。

室外機の裏の掃除

表が終わったら裏を表だけを掃除して終わりというわけではありません。もちろん、目には見えないような裏側も掃除しましょう。裏側には精密部品があります。なので、ブラシの付いた掃除機歯ブラシを用意して掃除していきましょう。

掃除機などを無理やり隙間に押し込んで金属を壊さないようにしてください。ブラシの部分だけを当てるようにしましょう。掃除機で吸い込んだ後は歯ブラシで残りの埃をふきとりましょう。

室外機周辺の掃除

室外機の周辺も掃除しましょう。室外機の下には水を抜くためのもあります。その穴にゴミや水が詰まっていないかなど確認をしましょう。もし、ごみが詰まっていた場合は、割りばしなどでつまみ出しましょう。水が溜まっている場合は故障の原因にもなるので注意してみましょう。このように室外機も掃除しておく必要があります。

もちろん、エアコンのフィルターも大切ですが、室外機が汚れていたり、ゴミが詰まっていてはエアコンが冷えないどころか故障する原因にもなるので注意しましょう。

エアコンをお得に使うなら、室外機のお手入れも重要!節電の工夫4選
あわせて読みたい
エアコンをお得に使うなら、室外機のお手入れも重要!節電の工夫4選
リンク(新しいタブで開きます)

まとめ

エアコンが冷えなくなったときはぜひ、上記の方法を確認したり、試したりしてみましょう。多くの場合が、エアコンを掃除せずに長い間使っているということに原因があるようです。しかし、エアコンを掃除し、室外機の周りを確認しても何もない時や霜がつき始めたときなどは、ガス漏れの原因だったりエアコン本体に問題がある場合があります。

そんな時は自分で直したりしようとするのはやめてください。エアコン本体の故障はエアコンの業者に依頼するようにしてください。

エアコンクリーニングの業者を探す時は、ほっとラインを使えば予約前に不安な事を無料で、業者に質問することができ、もちろん作業予約することが可能です。 まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください

\ SNSでシェア /